パキスタンの乗り物 1

ktc-johnny.com(HOME) > パ好きタンの歩き方 > パキスタンの乗り物 1

このページ (VARAN・ワゴン・コースター) | 2ページ目  (タクシー・リキシャー・タンガー・ジープ) | 3ページ目 (スズキ・いろいろバス・デコトラ)


  • VARANバス(首都圏を走る大型バス)
  • コースター(Coaster : 小型バス:フライングコーチ)
  • ワゴンバス(Wagon : ハイエースタイプのバス)
  • タクシー(Taxi : インドとよく似ています)
  • リキシャー(Rickshow : 南アジアでは定番)
  • タンガー(Tangaa : 馬車のことです)
  • ジープ(Zeep : 山道の強い味方!)
  • スズキ(SUZUKI : 軽トラックバス)
  • バスいろいろ(Variety Vihecles : 冷房バスや中古バス)
  • デコトラ(Decoration Vehicles : パキスタンではおなじみコテコテトラック)

  • ■ VARANバス
    ※2005年2月に廃業宣言が出され、イスラマバード・ラーワルピンディ圏では営業をいったん終了しました。
    が、2009年12月にラーワルピンディに行った際、6番の1路線のみ営業していると聞き、サダル付近のGTロードを走っているのを確認しました。
    参考: 2005年2月いったん廃業時のVARANバス路線図(GIF画像)

    VARANバス

    ↑VARANバス(男性は中央ドアから乗降します)

    トーアリタレクセクーパ 1 ルダサ

    ↑” トーアリタレクセクーパ 1 ルダサ “と書いています。ウルドゥ語なので右から読みます。

    イスラマバード – ラーワルピンディ間を走るバス。社長が政府首脳に近いこともあり私営企業ながら半ば官営バスのように営業している。
    白い車体(広告塗装のバスも時々走っていますが)と「VARAN」のロゴが目印です。
    このバスは男女別席で痴漢の心配がないなど、初めてパキスタンに来られた旅行者の方にもお勧めできる交通機関です。
    運賃は初乗り4ルピー~。車内で料金回収人に行き先を告げて料金を払います。


    ■ コースター(小型バス:フライングコーチ)※ワゴンバスのことをフライングコーチと言う人もいます。

    イスラマバードを走るコースター

    ↑ファイサルマスジッド-ピールワダイ線(101番)
    この写真でコースターの後ろは、ワゴンバス(ハイエース)、小型バス(ピールワダイ-セクレタリアート線:113番)。

    ギルギット・ラーワルピンディ線

    ↑ギルギット-ラーワルピンディ線

    中古の小型バス

    ↑かなり旧型のバス。(113番)
    市内交通から都市間交通とあらゆるところで活躍するパキスタンの交通手段のひとつ。
    「コースタル」となまって発音すると通じやすい。トヨタやベンツのエンブレムを模造して車体に貼っていることが多いのでホントのところトヨタ製の車かどうかはあやしい(笑)。


    ■ ワゴンバス(ハイエース) >>ワゴンバスの乗り方の工夫(女性の方用)

    ワゴンバス(ハイエース) 

    ↑日本からの中古車が走っている。
    こうしたワゴンも市内交通から都市間交通まであらゆるシーンで活躍している。
    助手席に2名+4人がけ4シート(16人)≒20人近い乗客をつめこみ走っている。夏などは汗臭さと人いきれでなかなか日本では味わえない体験ができたりする。

    ↑の写真で屋根に手をかけて立っているのは集金人。この人に行き先をつげてお金を払う。
    イスラマバードでは初乗りは4ルピー。あとは5ルピー、6ルピーで、イスラマバード~ラーワルピンディ間だと10ルピー前後になる。

    このページ (VARAN・ワゴン・コースター) | 2ページ目  (タクシー・リキシャー・タンガー・ジープ) | 3ページ目 (スズキ・いろいろバス・デコトラ)


    初版 2004年 最終更新日 2005年02月11日

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です