パキスタンの交通機関一覧

QINGQI (キンキ:乗合三輪バイク) と TANGA (タンガー:乗合馬車)

初稿:2012年8月3日 更新:2018年5月14日(Youtubeリンク更新、QINGQI社サイト紹介、章立て)

QINGQI? TANGA?

写真左:QINGQI(キンキ:乗合バイク)
写真右:TANGA(タンガ:乗合馬車)
2004年4月ラーワルピンディ・ゼネラルバススタンド付近にて

これまで、パキスタンの乗り物については
パキスタンの乗り物(1)/transport.html で各種ご紹介してきました。
が、そうそう、すっかり紹介しそびれていた乗り物がひとつありました。それが、QINGQI(キンキやチンチなんて呼ばれてました)という三輪乗合バイク。
QINGQIをはじめて見たのは、2003年の協力隊赴任直後。
任地イスラマバードに隣接するラーワルピンディの街なかででした。

ラーワルピンディで見かけたQINGQIとTANGA

イスラマバードは2003年当時、リキシャー(三輪バイクタクシー)TANGA、タンガーと呼ばれる乗合馬車もそれからQINGQIも乗り入れが禁止されていました。

でも、昔ながらの下町の情緒が色濃く残るラーワルピンディには人ごみと車の渋滞にもまれながらそれらの乗り物が元気に活躍していました。
↑の写真のように、同じ幹線道路・生活道路をTANGAQINGQIが共存しながら走っていました。


ラーワルピンディ・ラジャバザール(Raja Bazar)で客待ちをしているTANGA(タンガ:乗合馬車) 2004年7月撮影
2004年当時、ラーワルピンディのラジャバザール~ピールワダイ・バススタンド間を5ルピー(当時10円、現在4円くらい)の値段で乗せてくれるTANGAは、のんびり街なかを走るにはちょうどよい乗り物でした。
ラーワルピンディに限らず、パキスタンのどの街も喧騒と騒音と排気ガスがすごいですけれど、馬車の馬たちはただ黙々と歩みを進めていましたね。

↑こちらも、ラーワルピンディ市内を走るTANGA(タンガ:乗合馬車) 。
2004年7月撮影

んで、こちらもラーワルピンディ市内を走る、というかマイペースで進むTANGA(タンガ:乗合馬車)
2004年7月撮影

馭者側に2名、後部座席に3~4名ほどお客さんを乗せて走っていました。大柄な馬体に合わせた馬車なので、乗り降りはちょっと気をつけないといけませんでしたけれど、
普通の乗用車よりも視線が高い位置にあり割に眺めは良かったように思います。

ベナジール・ブット・ロード(旧マリーロード)のコミッティーチョークあたりがアンダーパス工事で途中通行止めをしていたころ、
そこで折り返しの人を運ぶため客待ちの列を作っていた、QINGQI(キンキ:乗合三輪バイク) 2004年10月撮影

>> コミッティーチョークの工事(2004年10月4日投稿)
/2004-10-04-committeechowk.html

イスラマバード・ラーワルピンディだと、乗合バスタクシー
ラホールだったら、リキシャーをもっぱら使っていたので、私はQINGQIにはそれほど多く乗っていません。
乗るとしたら、QINGQIが生活の足として重用されている地方農村部が多かった(マルダーンやペシャーワル近郊とか)記憶があります。

QINGQIはパ中合弁企業メーカー

で、やっとご紹介できるQINGQIのお話。
なーんでQINGQIって言うのかなと思いましたら、中国の老舗バイクメーカーだったんですね。

クインキー(QINGQI)社とは | TRIKE QINGQI
http://jyouhookan.web.fc2.com/btl/qingqi.html

こちらのページでのご説明では、中国最古のバイクメーカーのひとつで、1964年に最初のスクーターを製造したとのこと。

でさらに検索したところ、中国QINGQI社  http://www.qingqi.com.cn/ が1994年にパキスタン資本との合弁企業として PLUM QINGQI MOTORS LIMITED を設立(本社ラホール)したことが分かりました。

ABOUT US | PLUM QINGQI MORTORS(英語)
http://qingqi.com.pk/about-us-2/

そして製品紹介の中に、ありました、ありました、見慣れた乗合三輪バイクが。

MP 100 CC | PLUM QINGQI MORTORS (英語)
http://qingqi.com.pk/mp-100-cc/

MP 100 CC 型乗合三輪バイク

100ccエンジンで走っているんですね。

QINGQIに乗ってみた(動画:2011年3月)

で、時は流れて、2011年2月下旬~3月初めにかけて2週間ほどパキスタンに行ってきました。
はじめは2010年水害被災地のシンド州タッタを再訪。その後イスラマバードに移動して友人たちに会っていました。
その中、ラーワルピンディのバススタンド(ピールワダイ・アッダ)まで足を運び、おお、こっからならラジャバザールまで行けるなぁ、とQINGQIに乗った次第。(この時、TANGAはもう走っていませんでした。)

2011年3月にラーワルピンディでお世話になったQINGQI(キンキ:乗合三輪バイク)のお兄さん。


大きな地図で見る

↑A地点:ピールワダイ・ゼネラルバススタンド(Pirwadhai Adda) B地点:Fowala Chowk(噴水のある交差点)→ラジャ・バザール(Raja Bazar)の並びにあります。
をQINGQIで走った時のルートです。

その時の模様を動画に収めました。

1:バススタンドを出発

QINGQI to Raja Bazar from Pirwadhai Adda 1 of 3

運転手のお兄さんが、「ラジャバザール!ラジャバザール!」って行き先を連呼しながら客を呼び込んでいます。
あんまりお客さん集まらなかった(というか、確か自分しか乗っていなかった)んですが、まいっかと出発します。

2:ラジャバザール近くを走行

QINGQI to Raja Bazar from Pirwadhai Adda 2 of 3

時間は夕方4時ごろだったと思います。まだ日が短くて夕日がさすなか、目的地のFowala Chowk(噴水がある交差点)まで向かいます。
前を走る超ビンテージなタクシー(黒と黄色の車体:TAXIの表示はないですけれど、タクシーです)とかいいでしょ?

3:終点Fowala Chowk(噴水のある交差点)へ

QINGQI to Raja Bazar from Pirwadhai Adda 3 of 3

走りながらも行き先(この時はラジャバザール)を言いながら走っていましたが、渋滞でもクルマや人ごみを縫って走れるQINGQIは快適。
15分ほど走って終点に到着。運賃は決まっています(確か10~15ルピー)ので、降りる時に運転手さんに渡します。
でも、この時は自分的には気前よくポーンとチップをはずんだはず(ということにしておいてください 笑)。


NATCOバス(ラーワルピンディ~ギルギット・スカルドゥ、ススト~タシュクルガン)

初稿:2005年9月8日 更新:2018年5月20日(タイトルを現在のものに改め、古い時刻表データ削除、リンク更新、画像追加)

پیرودھائی ピールワダーイ・ゼネラル・バススタンド(ラーワルピンディ市内)

ラーワルピンディからギルギット、スカルドゥ方面へのバスは、
政府管掌のNATCOバス、私営バスともに、ラーワルピンディ市内の پیرودھائی Pirwadhai ピールワダーイ、ピールワダイ 地区にあるGeneral Bus Standから出ています。

クリックで拡大します。

ピールワダイ・ゼネラル・バススタンド周辺図(2005年作成)

往来するワゴンバスなどかなり変わっているかと思います。一応のご参考に。

NATCOバス(ネットコ、ナットコ)

NATCOバスは
Northern Areas Transport Corporation
の略で、政府(カシミール・ギルギット=バルティスタン省)の管掌するバス会社です。

NATCOバスはウェブサイトに大まかなルート図、料金表を掲載しています。
Routes & Fares | NATCO | バスルート図・料金一覧
http://www.natco.gov.pk/routes/

ラーワルピンディ発行き先・料金(2018年5月閲覧)

上記表に出ているTimmingは発車時刻を示すように見えますが、情報が不足気味な印象です。
TripAdvisorでの書き込みを見ると、ラーワルピンディ発ギルギット行きは午後から4便ほど出ているともあります。

TripAdvisor | NATCO Bus service from Islamabad to Gilgit
https://www.tripadvisor.co.nz/ShowTopic-g293960-i9156-k10413428-NATCO_Bus_service_from_Islamabad_to_Gilgit-Islamabad_Islamabad_Capital_Territory.html

詳細は、表中のNATCOバス事務所に問い合わせを。

ススト発タシュクルガン行き料金(2018年5月閲覧)

スストから中国・タシュクルガンへはNATCO、PTDCなどからバスが出ています。
いずれも、スストの市街地終わりにあるPTDCそばのイミグレーションオフィスあたりから出発します。

中国による援助で、中パ国境を通る道路はとても良くなりました。
中国からパキスタンIN・OUTで旅をされる方も増えてきているようです。

こちらも詳細は、表中のNATCOバス事務所にお問い合わせください。


کرایہ نامہ キラーヤ ナッマ: バス・スズキの料金表

パキスタンでバスやスズキ(軽トラックバス)に乗ると、車掌(集金人)が

“ハンジー”(英語のYesと同じ感じ)
“キダル・ジャーナー?”(どこへ 行くの?)”
“キラーヤ デーン”(料金 ちょうだい)

と聞いてきますので、行き先を告げてお金を払います。
で、もう1ルピーよこせ、いやこれが正しい料金だ、などと集金人と客が口論することもまぁ、パキスタンでは風物詩だったりするんですが(笑)、そんなときに参考にするのがこの料金表です。

え?そんな料金表ってあるの?とお思いかもしれませんが、ええ、あるんです。
それが↓こちら。

運賃表。

運賃表。

↑たまーに車内に貼られていることもありますが、大抵は運転席のサンバイザーあたりにはさまっていたりします。大きさはA4サイズが普通のようです。

キラーヤ ナッマ と書かれています。

キラーヤ ナッマ と書かれています。

↑ウルドゥ語で「キラーヤ(料金) ナッマ(表)」と書かれています。

ラーワルピンディの交通当局者の認証

ラーワルピンディの交通当局者の認証

↑この料金表を認可した役所のスタンプと担当者のサインが書かれています。

料金表

料金表

↑この路線は

1番 ガリーバード(ラーワルピンディ)
10番 ファイザーバード(ラーワルピンディ)
14番 フォーリンオフィス(外務省:イスラマバード)※日本大使館前で停まります。
16番 パークセクレタリアート(イスラマバード)

を結んでいて、主なバス停間の料金が書かれています。
初乗り(4キロ)は5ルピーで、4キロごとに1ルピー料金が加算されるシステムになっています。
ですんで、いつも払っている料金よりも多く請求されたときは

“キラーヤ デカーエン!(料金表 みせてよ!)”

といって見せてもらうとよいでしょう。(ただしウルドゥ語で書かれているんでわかりづらいですが)


Truck Art in Pakistan : パキスタンの「デコトラ」ック!

初稿:2005年4月22日 更新:2018年5月22日(トラック編を1ページに集約、タイトル変更、章立て、再構成、動画・リンク追加)

はじめに

パキスタンに来て、驚いたことのひとつが、「デコトラ」。
コテコテに装飾されたトラックでした。むむ、トラックだけじゃないですね。協力隊活動当時、隊員の間では「ギンギラバス」とも言ったバス、スズキ・軽トラックを改造したバス、トラクターなんかも。
このページでは、トラック編(バスの写真も少し)としてご紹介します。

Tractor & Other Vehicle Art in Pakistan: パキスタンの「デコトラ」クター!+その他編(後日公開)

スズキ!(SUZUKI:軽トラックバス)
/suzuki.html

デコトラ予備知識

Google画像検索してみた “truck art pakistan”

検索結果
https://www.google.co.jp/search?q=truck+art+pakistan&client=psy-ab&hl=ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwia7MbQi5fbAhXIJZQKHQG_AaIQ_AUICigB

膨大な数の画像がヒットします。どれもディーテールを拡大してみたくなるクオリティ。

ラーワルピンディのデコトラ工房(CNN取材)

Youtube | Atristic Trucks

音声英語:画面下に字幕ボタン
CNN取材の動画。女性レポーターが、(おそらく)ラーワルピンディにあるデコトラ工房のひとつを取材。
カッティングしたシールを組み合わせて貼る、一般的なデコレートの過程を紹介しています。
1台のデコレート、仕上げるのに5~6日、代金は、5万5千ルピー(660ドル)です」とレポートしています。

CNN : Colorful trucks decorate Pakistan’s roadways
(動画中の写真紹介:2009年12月24日)

http://edition.cnn.com/2009/WORLD/asiapcf/12/24/pakistan.truck.art/index.html

ファイサラバードのデコバスマスター(アルジャジーラ取材)

Youtube : 🇵🇰 How are Pakistan’s buses painted into beautiful art? | AJ Shorts

音声パンジャービー語:英語字幕
アルジャジーラ取材。パンジャーブ州ファイサラバードで40年5000台以上のデコレーション・バスを請け負ってきたデコバスマスター、ムハンマド・ラフィークさん(Muhammad Rafiq)を紹介。
彼の手掛けたデコバスはパキスタン全土で活躍しているということで、出会ったことがあるのかもなぁ。
他方、デコバスアート職人は平均日給600ルピー(6ドル)、仕事で使う塗料、溶剤、ガソリン等で肺を病んでいる(職業病)という問題点も明らかにされています。

AlJazeera | Transforming Pakistan’s buses into art(記事 2017年8月22日)
https://www.aljazeera.com/indepth/features/2017/08/turning-buses-art-pakistan-170821121439045.html

わたしが撮ったデコトラ動画

2010年9月:ハイバル・パフトゥンハー州にて

Youtube : パキスタンのデコトラ! A typical decoration truck in Pakistan

パキスタン水害支援で訪れた、KP州(カイバール・パフトゥンハー州) Nowshera ノウシェラ郡 Risalpur リサルプール市で、物資配布に使っていたトラックです。
ナンバープレートに、NWFPと刻印されていますが、これは、KP州旧名の北西辺境州(North West Frontier Province)に拠るものです。

2013年8月:フンザ・カリマバードにて

Youtube : A Decorated Truck in Karimabad, Hunza | July 2013

フンザ・カリマバードで、デコトラと遭遇。日野レンジャーの車体ベースでデコレーションされた、山岳走破仕様かなと思った質実剛健な印象のデコトラでした。

2010年9月:シンド州タッタ近郊にて

Youtube : A sugarcane loaded truck in Sindh, Pakistan

パキスタン・シンド州のタッタへ通じる幹線道路そばで、収穫したサトウキビを工場に運ぶトラックが休憩で停まっていました。伝統的なボンネットトラック、装飾は古ぼけていますが、これはこれで味がありますね。トラック全周撮らせてもらいました。しかし、これだけ大量のサトウキビを、バランスよく載せるのは匠の技だなぁ。

イスラマバード郊外でピカピカのデコトラを撮ってみた(2005年4月)

イスラマバードの郊外、ピールワダーイのそばに、سبزی منڈی Sabzi Mandi サブジ・マンディ(野菜市場)があり、各地から野菜を積んできたトラックが集まってきます。
協力隊活動中の2005年4月、そこを通りかかったときに、とってもきれいなデコトラを発見!
聞いてみると2~3年ごとにやる化粧直しが終わって、今日ががお披露目だというじゃありませんか!
あまりにきれいだったので写真を撮らせてもらいました。

とても色鮮やかなペイントで、見とれてしまったことを覚えています(2005年4月)

フロント部分。まるでリーゼントのような(笑)突き出たひさしが、パキスタンの伝統的なデコトラの特徴です。(2005年4月)

極彩色のデコレーション鮮やかなフロントバンパー部分。手書き彩色とカラーシールをうまく組み合わせたデザインです。(2005年4月)

3つのランプは走行時のスピード表示ランプ(ダミー?)。このひさしのおかげで空気抵抗がアップし、スピードが出ませんが、細かいことにこだわらない、派手派手に粋なのがパキスタン・デコトラ。(2005年4月)

この電飾、ダミーっぽい。でも、こんだけお金をかけて装飾している車はなかなか見られなかったので、テンションあがりました。(2005年4月)

助手席ドアからボンネット部分を眺める。(2005年4月)

「GLT」はギルギット(GILGIT)を指しています。デコトラには多いナンバー。(2005年4月)

極彩色の荷台装飾

極彩色の荷台装飾(2005年4月)

装飾のアップ

鳥(孔雀ですかね)はシールを貼り合わせて表現(2005年4月)

鳥の彩色

鳥の彩色。手描きです。(2005年4月)

鳥の彩色

鳥の彩色。こちらも手描き(2005年4月)

タイヤホイールの彩色

タイヤホイールの彩色。ここまで描きこんだデコトラは初めてだった(2005年4月)

後ろの部分

近くに住む子どもたちがずっと離れず写真を撮る様子を見ていた(2005年4月)

カラコルムハイウェイだけでなく、パキスタンの道路事情はイスラマ~ラホール間の高速道路や主な幹線道路を除けばよくありません。
そんな道を運転し続けるのはやはり並大抵の体力や根性ではできない仕事でしょう。
そんな仕事に誇りをもつといいますか男意気を示すといいますか、そんなものがこのコテコテの装飾にこめられているように感じられました。

デコトラ・デコバス写真いろいろ

ペシャーワルで(2005年ごろ)

ペシャワールのギンギラバス

ペシャワールのギンギラバス(2005年ごろ)

ペシャーワル(Peshawar)のサダルで見かけた郊外行きのバス。
イスラマバードでは、2005年時点でこうしたバスを見かけるのはほぼなくなりましたが、地方ではまだまだ現役の主力交通機関として走っていました。

バスの天井部

バスの天井部(2005年ごろ)

お金をかけてこのようなギンギラの装飾を施すのがバスオーナーの心意気といったところ。
天井部はこうした装飾を施す他は必ず荷物や人が乗るスペースがもうけられています。

ラーワルピンディで(2011年3月)

ラーワルピンディ・ピールワダイのバススタンドにて。フロントガラスに行き先(کہوٹہ Kahuta カフタ:ラーワルピンディ近郊の町)(2011年3月初旬)

ラーワルピンディで(2004年ごろ)

デコトラ

ラーワルピンディにて(2004年ごろ)

ラーワルピンディ(Rawalpindi)で見かけたデコトラ。
中古トラックを日本から輸入し、当地でボディーを改装した和パ折衷の一台。
日野・ニッサンなどの日本メーカーのほか、フォードなども見かけます。
ただし、日本車なのにベンツのニセエンブレムがついていたり・・・なんてことは普通(笑)。

デコトラ

ラーワルピンディにて(2004年ごろ)

こちらもラーワルピンディで見かけたデコトラ。典型的なデコトラです。
荷台部分にはウルドゥ語で地名などが書かれています。
カメラに敏感なというかカメラ好きなパキスタンの人が多く、助手席の人はさりげなくカメラ目線でした(笑)。

カラコルム・ハイウェイにて(2004年8月)

カラコルムハイウェイ・ダスー付近で(2004年8月)

フンザから、カラコルム・ハイウェイをラーワルピンディ行きのバスに揺られて帰る途中、休憩場所に停まっていたデコトラ。

フンザ・カリマバードにて(2013年8月)

フンザ・カリマバードにて(2013年8月)

フンザ・カリマバードにて(2013年8月)

上述、フンザ・カリマバードで撮影動画(2013年8月撮影)
/decotora1.html#20138
の画像です。


スズキ!(SUZUKI:軽トラックバス)

初稿:2005年3月3日 更新:2018年5月17日(動画・写真更新)

デコトラその1 | デコトラその2 | パキスタンの乗り物 | スズキ!(Suzuki:軽トラックバス) | >> 別ページでのスズキ(軽トラックバス)紹介

ラーワルピンディのスズキ・ワゴンバス(2011年3月)

Youtube : パキスタンのスズキ・ワゴン(バス)の乗り方 – ラーワルピンディ編

ラーワルピンディ市内の主要なローカルバス乗り場のひとつ、ピールワダイ・モール Pir Wadhai Mor に停まっていたスズキ、ワゴンバスを撮影したものです。

ラーワルピンディで見かけたスズキ・バス(2011年3月)

スズキ・軽トラックバスの紹介(写真:2005年)

うちの職場で働く人の多くは15:00の退勤後もうひとつ別の仕事をしていることが多いです。
給料:バスドライバーさんで月額4000ルピー(7000円前後)と安くこれだけでは一家の生活が成り立たない。
それで多くの方がやっている”アルバイト”がタクシーの運転手だったりスズキ(軽トラックバス)のドライバーだったり、警備の仕事だったりします。

今日はうちの活動先のシャキールさんがいつも乗ってきているスズキ(軽トラックバス)をご紹介してみましょう。

スズキ(軽トラックバス)外観(2005年3月)

軽トラックの荷台にコテコテに(笑)装飾されたフードといいますか屋根がついているのがイスラマバード圏仕様です(笑)。

ギルギットのスズキ(軽トラックバス:2004年8月)

一方、地方では上の写真のようにシンプルに幌をかぶせているだけのスズキが普通です。
では、先ほどのシャキールさんのスズキ、詳しく見てみましょう。

フロンガラス付近(2005年3月)

フロントガラス・ボディにシールを貼ったり、直接ペイントしたりして、デコレーションするのがパキスタンスタイル。デコトラは有名ですね。
このスズキには、ワイパーの根元にも装飾の板がついています。
派手にデコレートするのが、パキスタン流の粋なので、お金をかけている車はさらにべたべたシールやらが貼っていたりします。運転しづらさよりも、オシャレを選ぶということですかねぇ。

ラーワルピンディにて(2011年3月初)

そのデコレーションが行き過ぎてない?と思ったのが、この↑のバス。
ここまで飾っちゃったら、運転しづらくてしょうがないでしょ!と独りで突っ込みながら写真を撮った気がします(笑)。

さてさて、シャキールさんのスズキ、どんどん見ていきます。

フロントグリルまわり(2005年3月)

フロントグリルまわり。こういうところにも装飾しちゃうのがいかにもパキスタンらしい。

荷台のあたり(2005年3月)

↑荷台のところはこのようにフードがとりつけられています。窓の部分はスライド可で、夏になると窓は全開で走っています。
で、助手席のところになんか書いてありますね~。う~んなんあだこりゃ。。。。

漢字チックな飾り?(2005年3月)

パキスタンのワゴンバスやスズキには、↑のような漢字?デコレーションが貼ってあったりします。もはや元の意味は関係ない、飾りとしてイケてるかどうか、ということですね。

シールを重ね貼りしています(2005年3月)

↑の写真をよく見ていただくとお分かりになるでしょうか?
シールを重ね貼りしているんです。実に細かい仕事なんですよね。職人技ですね。

スズキ(軽トラックバス)乗降口(2005年3月)

乗客はこの後ろから乗降します。
片側5人がけシートが2つ荷台部分に据え付けられています。
助手席は、基本女性席(2人座ることも)。

見えているだけで10数人、中に10人乗っているので計20数人は乗っている(2010年)

荷台座席にはMax10人が乗ります。さらに乗降口のステップにもつかまることができるし、助手席に2人乗ったりするので、1台のスズキに乗れる人数は相当なものです。
はじめのころは「こんなのありえへん」と思いましたが、活動して1年も過ぎた頃には普通に思えてしまいました。ああああ、慣れはすごいもんだなぁと思ったものでした。

後部飾り(2005年3月)

後ろの両サイドにカラフルに色が塗られた細い棒が何本も取り付けられています。
これもパキスタン(イスラマバード)流のデコレーションの仕方です。
他に、黒い布をつけて走っている車もありますが、これは何でも魔よけの意味があるんだと聞いたことがあります。

デコトラその1 | デコトラその2 | パキスタンの乗り物 | スズキ!(Suzuki:軽トラックバス) | >> 別ページでのスズキ(軽トラックバス)紹介