NTCSP(国立障害者職業訓練センター:協力隊活動先)一覧

うちのクラスの生徒です(3) – フェイサル君 –

【2005年10月30日(日)追記】
ラーワルピンディの親戚の家に身を寄せているフェイサル君のご家族とお会いすることができました。

地震当時はご自宅だったようですが、家が崩れてしまう前に逃げ出すことができたようで大きな怪我もなくみなさんご無事でした。
シュマイラさん(フェイサル君のお姉さん)は仕事やフェイサル君のことで学校(国立障害者職業訓練センター)に電話をしたそうです。
すると学校の社会福祉担当の方から「フェイサル君たちがまたこちらの学校で勉強されたいのでしたらできます。もし、あなた(シュマイラさん)が学校で仕事をしたいのでしたら、2000ルピーという安い給料で申し訳ないですが仕事をすることもできますよ」と言われたそうです。
「いつまでも親戚の家に住むわけにもいかないから仕事をして別の家を借りるようにしたいのだけれど、2000ルピーでは安すぎてちょっと・・・」とシュマイラさんは考えていらっしゃるようでした。
続きを読む



学校のお引越し(激闘編)

>>プロローグはこちら
火曜日・水曜日と配属先の学校の引越しのお手伝いをしていました。
火曜日なんかはあまりに疲れてパソコンを触ることすら出来ずバタンキューでしたが、2日目の水曜日はようやっと体もなれてその様子をお伝えできるようになりました。
続きを読む