Lahore(ラホール)一覧

Milestone ILC マイルストーン訪問記(5) : 2004年11月

ktc-johnny.com(トップページ)  > パキスタンの障がい児・者支援  > マイルストーン訪問記(2004年11月)

1(食事会) | 2(セミナー1) | 3(セミナー2) | 4(セミナー3) | 5(カウンセリング&修理) | 6(そのほか)


2012年8月17日(金)追記

2004年11月のセミナーで斎藤さんたち日本の電動車いす技術者と初めて出会ったHabib ur Rahman ハビブさんが、パキスタンで車いすを製造販売する会社を立ち上げました。

Sakura
http://www.sakura-pk.com/
Address: 45-A out fall road lahore, Pakistan
Email: sakura-pk@live.com
Phone: +92301-8466772, +924232104793, +441785804793,+819016991808


2004年11月20日(土)~11月21日(日) マイルストーン事務所での精力的な活動

土曜日・日曜日の2日間、マイルストーンの事務所にて日本のお客様を中心に2つの活動が繰り広げられました。

ピア・カウンセリング: Peer(対等の) Counseling(カウンセリング)という意味で、(当事者同士が)問題を共有しあい、対等な仲間として助け合うカウンセリングのことです。

現在、マイルストーンメンバーのなかに筋ジストロフィーや筋萎縮症などの筋疾患のあるメンバーがいます。
今回、海老原さんがお出でになったことから、筋疾患の障害のあるメンバーとカウンセリングプログラムを行うことになりました。
ピアカウンセリングについて (語句説明:気になるカタカナ、樋口恵子)
筋疾患について (分類と説明:筋疾患ネット)

ピアカウンセリングに参加したメンバー

海老原さんはファシリテータ(司会進行・助言者)として、自身の障害についてやいままでの生い立ち、参加者からの質問に答えるなどしていました。
今回の参加者は、筋肉そのものの障害である筋ジストロフィーの障害のある方と、神経の障害に由来するSMAなどの筋萎縮症のある方といろいろでしたが、お互いの悩み・考え・疑問を共有しあうことでずいぶんとためになったようでした。
また、参加者の関心を惹いたのは、海老原さんが機内や夜間使うために持ってきた呼吸器や血液の酸素飽和度を測る機器の実演や試用でした。
パキスタンには公的な保険制度はないために、こうした呼吸を補助するための機器を自費で購入しなければならず、ほとんどの場合こうした高額な機器を買うことができません。そのために病状の進行した方は十分な呼吸をすることが困難でありとても大きな問題であります。

人工呼吸器の試用

↑海老原さんが日本から持ってきた呼吸器を体験装着する

海老原さんも長旅の疲れからか、呼吸が苦しそうに伺える場面がありましたが、精力的に参加者の声に耳を傾け一緒に問題を共有しようと努められていました。

電動車いすの修理と現地スタッフの指導今回、斎藤さん、岡田さんがお見えになるまでに日本から数多くの電動車いすが贈られました。しかし、充電の仕方を間違えたりするなど適切ではない使い方が原因で動かなくなっていたり、動きが不調な車いすが何台もありました。

現地スタッフと総出で修理にとりかかる

/image/x0084.2.jpg

↑現地スタッフと総出で修理にとりかかっている

/image/x0084.0.jpg

/image/x0084.1.jpg

↑斎藤さんからレクチャーを受けるハビブさんたち

ひとつひとつの問題について、現地スタッフ(マイルストーンメンバー)とどういう原因で故障しているのか確認しあいながら作業は進められていきました。
なかでも、現地スタッフのハビブさんは理系専攻であったということもあり、斎藤さん・岡田さんの説明をのみこむのがとても早く、お二方ともその吸収力にはびっくりされていました。

斉藤さんの話を聞くハビブさん(中央)

↑真剣な面持ちで取り組むハビブさん(中央)

彼は、マイルストーンが作っている手動の車いす製作にも携わっており、電動車いすの修理の実際だけでなく、手動車いすのデザインなどにもとても興味を示していました。

修理に取り組むハビブさん

↑修理に取り組むハビブさん

「彼なら日本に来て研修をすれば、もっと効果的に技術を習得することができるにちがいない」斎藤さん・岡田さんたちの共通した感想です。
チャンスがあれば、彼は日本で研修を積むことができるかもしれない・・・そんな発見もあった今回の取り組みでした。
スタッフが朝から晩まで熱心に取り組んだおかげで、すべての車いすが稼動できる状態になりました。
今後も100%稼動できるように継続的な研修の場が望まれるところです。

1(食事会) | 2(セミナー1) | 3(セミナー2) | 4(セミナー3) | 5(カウンセリング&修理) | 6(そのほか)


初版&最終更新日 2004年11月25日


マイルストーン訪問記(3) : 2004年11月

ktc-johnny.com(トップページ)  > パキスタンの障害児・者支援  > マイルストーン訪問記(2004年11月)

1(食事会) | 2(セミナー1) | 3(セミナー2) | 4(セミナー3) | 5(カウンセリング&修理) | 6(そのほか)


2004年11月19日(金) バリアフリーセミナー in Lahore(2)

続いて日本から来られたお客様からスピーチがありました。

西尾さん(JIL:全国自立生活センター協議会)

西尾さんのスピーチ

西尾さんのスピーチ
“これまで、種々の報告を読ませてもらっていましたが、実際にパキスタンに来て見て、これほど活発に一生懸命活動していることを知りうれしく思っています。
パキスタンのみなさんと手を取り合ってこれからも一緒にがんばっていきたいと思います”

海老原さん(SMA(Spinal Muscular Atrophy:脊髄性筋萎縮症)障害者)

海老原さんのスピーチ

海老原さんのスピーチ
“20年前~30年前の日本もいまのパキスタンと同じように障害者が街に出ることなんてできない時代だった。社会へ出て行くのに障害者自身が社会と交渉してきた歴史が日本にもあります。
「障害者は社会に役立たない存在である」
そのように思われてきている(通念)から
「障害者は社会にとって価値ある存在である」
という変革を目指しているのだ。
今回、マイルストーンとライオンズクラブがこのような形で手を携えることをとてもうれしく思います。
ただ、気をつけなければならないのは、車いすをもつことはスタートであるということ。
車いすを持つことができた人は、(実際に街へ出て)私たち障害者に何が必要かということを訴えていかなければならない。
今日、この会合に参加して健常者の中にも仲間がたくさんいることがわかった。ここに集ったみなさんはとても精神的にタフな人々が多いと思う。
もしも、社会が変わり始めたらその流れは急速なものとなるだろう”

斎藤さん((有)さいとう工房社長)

斎藤さんのスピーチ

斎藤さんのスピーチ
“私は20年ほど、車いすの人たちを運ぶ仕事(輸送サービス)をしてきた。
それまで家の中にいた障害者のひとたちが外へ出て行くとどんどん元気になっていくのを見てきた。そして本人が元気になるとその周りの家族の人も元気になっていくのを見てきた。家族から離れて(自立)生活を送ることを家族も喜んでくれているだろう。
障害者が外へ自由に出て行くためには2つの条件がある。
ひとつはバリア(段差など)がなくなること、もうひとつは外に出たときに健常者が障害者を助けることができるということ。
はじめは障害者と健常者の間に距離がある。しかし、たとえばスロープをつくること(工夫の実例)などを健常者のひとびとが知ることができたなら「こうやって障害者のひとをサポートすればいいんだ」と簡単に理解することができるだろう。
いま、シャフィークたちマイルストーンのメンバーが障害者が外へ出やすくするために車いすを作ろうとしていることに賛同する。みなさん、車いすをもらったらどんどん街へ出て行きましょう”

岡田さん((有)さいとう工房勤務)

岡田さんのスピーチ

岡田さんのスピーチ
“ある脳性まひの障害のある方と出会った。彼女はとても元気で、次回のパラリンピックに行きたいと語っていた。彼女は電動車いすであちらこちらに出かけていく人だ。
それほど(行動的)なのはなぜだろう?それは「自分でそうしたい!」という気持ちをずっと持っていたからだと思う。彼女にとって車いすは自分の願いをかなえる道具であるのだ。
私はこれからも願いを持つ人のお手伝いをしていきたいと思う。
最後に私の好きな言葉を紹介したい。
「わたしが変わります」「変わったわたしが新しい世界をつくっていきます」”

1(食事会) | 2(セミナー1) | 3(セミナー2) | 4(セミナー3) | 5(カウンセリング&修理) | 6(そのほか)


初版&最終更新日 2004年11月25日


マイルストーン訪問記(1) : 2004年11月

ktc-johnny.com(トップページ)  > パキスタンの障害児・者支援  > マイルストーン訪問記(2004年11月)

1(食事会) | 2(セミナー1) | 3(セミナー2) | 4(セミナー3) | 5(カウンセリング&修理) | 6(そのほか)


日本からお客様を招いてセミナーを開くとの情報をいただき、イードの休みを利用して、マイルストーン(ラホールの障害者NGO)を訪れました。

2004年11月18日(木) イスラマバード→ラホールへ移動、食事会

前日、マルダーン(北西辺境州:ペシャーワル近くの街)から帰ってきたばかりで疲れていましたが、この日の夜日本から来られたお客様と食事会があると聞いていたので、午後のバスでラホールに向かいました。
道中は何事も無く午後6時過ぎにラホール・バクラーマンディのバスターミナルに到着。
そこからプロジェクトリーダーのシャフィークさんに電話すると、「すでに食事会場のフードストリートに来ていますよ」とのことで、そのままリキシャーで旧市街から程近いフードストリートに向かいました。

フードストリートの会食会場
フードストリートの食事会場

今回、日本からお出でになっていたのは、

  • 西尾さん・・JIL(ジル:全国自立生活センター協議会)事務局にお勤めの方です。
    自立生活センターとは、1972年アメリカ・カリフォルニア州バークレーで始められた障害者自身が運営し障害者に対して諸サービスを提供するセンターのことです。
    ここでいうサービスとは、単に介助サービスだけを指すのではなく障害者自身が当たり前に望むことを実現させるための支援サービス(学習・カウンセリングなども)も含まれます。JIL(ジル)は日本全国の自立生活センターをつなぐ全国組織で現在の事務局は東京都八王子市にあります。

  • 斎藤さん・・(有)さいとう工房社長。
    電動車いすを利用者が使いやすいように調整・改造する仕事をなさっていらっしゃいます。これまで日本からマイルストーンに贈られた10台近くの電動車いすの修理および現地スタッフの指導のために来られました。

  • 岡田さん・・さいとう工房に勤務されている青年。
    同じく電動車いすの修理および現地スタッフの指導のために来られました。

  • 海老原宏美さん・・SMA(Spinal Muscular Atrophy:脊髄性筋萎縮症)という障害があり、24時間体制の介助サービスを受けていらっしゃいます。しかし、日中は仕事をし、機会のあるごとに日本や世界各地を呼吸器を携えながら訪れるバイタリティーあふれる女性です。
    SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会・・・海老原さんが所属していらっしゃる会のWebです。
    SMA(Spinal Muscular Atrophy:脊髄性筋萎縮症)について(筋疾患ネットワークHPより)
    彼女が2001年の夏に韓国のプサンからソウルまでを日韓の障害者とともに歩いた記録がNHKの「きらっといきる」という番組で放送されました。(番組のホームページをごらんください

  • 松山さん・・海老原さんをサポート(介助)するために今回同行されたアテンダント(介助者)の方です。

    の以上5人の方です。

    マイルストーンのメンバーと話す斎藤さんたち
    会場のあちらこちらで話の花が咲いていました。
    これまでの日本とパキスタンの交流によって、マイルストーン内で日本語の会話ができるメンバーが何人か出てきました。それで、日本から来たお客様もマイルストーンのメンバーの中に入っていろいろ話をすることができました。
    日本からのお客様は11月16日(火曜日)の深夜にラホールに到着し、これまで印パ国境のワガ(waga)を視察したり、各種施設を見学してきたとのこと。
    明日は朝からセミナーがあるということで、他のマイルストーンメンバーの車で事務所まで送ってもらい、事務所の一室に泊まらせてもらったのでした。

    1(食事会) | 2(セミナー1) | 3(セミナー2) | 4(セミナー3) | 5(カウンセリング&修理) | 6(そのほか)


    初版&最終更新日 2004年11月25日


  • ラホール訪問記 : 2004年7月(2)

    ktc-johnny.com  > パキスタンの障害者支援 >  ラホール訪問記(2004年7月:前編)  > ラホール訪問記(後編)


    2004年7月23日(金):はれ 
    ラホールにて~NASHEMAN(職業訓練所)見学~マイルストーンの方と会食

    AM08:30 マイルストーンの事務所を出発し、リキシャーでタウンシップ(TOWNSHIP)というエリアにある
    NASHEMAN(ナシュマン)という州政府が運営する障害者職業訓練校を訪問しました。  

    NASHMAN看板
    学校玄関に掲げられた看板。パンジャーブ州政府が運営しています。
    ※(2006年03月03日追記:現在はラホール商工会議所が運営を委託されています)

    早速、校長室に案内されてしばらく懇談させていただきました。
    お話によると、18歳~50歳までの障害者を半年~1年間の期間で寄宿舎に住まわせ、職業訓練を行っているとの ことでした。

    中には大学に通う生徒もいるそうなのですが、そうした生徒の学費を支弁しているとのことです。
    衣食住無料で障害者に学ぶ機会を提供している学校だということでした。
    パキスタンは6月~8月までは夏休みなのですが、この学校は夏休みはなく日曜日を除く毎日授業を行っているとの ことでした。
    お話を伺い、紅茶やお菓子をいただいた後、学校を見学させてもらいました。  

    コンピュータ
    コンピュータクラスにはMicrosoftやサムソンといった企業からの寄付が。

    縫製作業 縫製作業
    縫製の作業の様子。

    機材もある程度そろっていて、作られる製品もなかなかしっかりしたものでした。 生徒の中には一般の工場で就労できるレベルの人もいるように思いました。

    食堂 洗濯
    食事・洗濯のようす。

    この後、寄宿舎を見学させてもらいましたが、頑丈にしっかりつくられていて、快適に生活ができるように思いました。

    食事や洗濯はスタッフの方がしているので、生徒は学習に集中することができます。
    予算的には苦しいのだろうとは思いましたが、運営的にはよくやっていると感じられる施設でした。  

    学生さんたち
    寄宿舎にいた生徒のみなさん。

    金曜日なので12時までの授業時間でしたが、その後寄宿舎で昼ごはんをおごってもらいました。
    ローティ・アールーゴービー(じゃがいもとカリフラワーカレー)・ダール(豆カレー)でしたがとても美味しかったです。
    またの再会を約してこの学校をあとにしたのでした。
    しばらくの時間、マーケットで買い物をするなどし、夕方マイルストーンの事務所に戻ってきました。

    夜はフードストリートでMほちゃん(15-3:コンピュータ)、Nぐもさん(14-2:コンピュータ)、マイルストーンのメンバーの 方と一緒に夕食をいただきました。

    「フードストリート」というと、ラホールでは超有名な食事のスポット。
    ブリヤーニ(ごはん)やチキンサージー(鶏の丸焼き)などなど美味しい食事を堪能することができました。
    この日も、マイルストーンさんの事務所で泊めていただきました。 


     2004年7月24日(土曜日):はれ 
    マイルストーン事務所でTV収録~イスラマバードに帰着

    正午前から、PTV(国営テレビ)のスタッフが来て、マイルストーンの活動について収録を行っていました。  

    先日、シャフィークさん(マイルストーンの中心メンバー)がTV局を訪れた際に、マイルストーンについての番組を作る企画が持ち上がり、今日の撮影になったようです。

    撮影 撮影  

    撮影 撮影
    撮影はさまざまな角度から

    話し合い
    TVスタッフに説明するマイルストーンのメンバーたち

    この日の収録がいつ放送されるか、この原稿をアップしている段階ではわかりませんが、放送されたらVCDに落として記録・保存しておきたいと思っています。
    この日は、夕方にはイスラマバードに戻らなければならなかったため、収録のすべてを見ることはできませんでした。

    しかし、以前よりも増えたメンバーの数、活動のようすなどを拝見させていただいて、マイルストーンの活動がさらに一層パワーアップしていることを実感したのでした。
    では、この日撮影した写真でとっておきの写真を。  

    カムランさん
    メンバーのカムランさん(右)があやしているところ
    とってもほほえましい情景でしたよ。


    初版&最終更新日 2004年07月25日


    ラホール訪問記 : 2004年7月(1)

    ktc-johnny.com  > パキスタンの障害者支援  > ラホール訪問記(2004年7月:前編) > ラホール訪問記(後編)


    2004年7月22日(木):はれ 
    イスラマバード~(高速バス)~ラホール着~マイルストーン(NGO)事務所へ

    AM07:30 イスラマバード・カラチカンパニー発ラホール行きの高速バスで向かいました。  

    高速道路を走るバス ←左が日本の中古バス。右はDAEWOOバス。

    暑い1日を予感させる朝でしたが、今回の高速バスの空調はよく効いていたので快適にラホールまで行けました。

    ラホール・バクラーマンディ(Bakramandi)のバス停からは、リキシャーでマイルストーンの事務所に向かいました。

    PM00:30 マイルストーン(障害者NGO)の事務所に到着。
    ちょうど、ファイル整理などの作業をメンバーの人たちが しているところでした。
    そして、こんな作業も・・・・   

    点字を打っています ←点字シートを作って・・・

    シャムサさん(写真手前)は視力がほとんどありません。その彼女の発案で視覚障害者用の点字マップを作ろうと しているところでした。

    介助スタッフの人に地名を読み上げてもらって、それをニードルを使い1字1字打刻していきます。

    点字を打って貼り付ける

    その点字シートを地名の単語ごとに切り取って、マップの上に貼り付けていくのです。 さらに、こんな工夫もしていました。

    地図の工夫
    オレンジ色をしたものは、豆の一種です。
    豆をマップに貼り付けて、触覚で地理上の違いを表現しようとしているのでした。

    地図の完成 ←そして、こんな形でマップは完成しました。

    お金や資材が十分ない中で、うまく工夫して作っているなぁ・・・と感じたのでした。
    また、最近ではマイルストーンの事務所に何人もの協力隊員が訪れています。  

    日本語の授業
    協力隊員による日本語教室の様子(毎日のように開かれています)。

    この日は、なお(15-1:家政)が14:00過ぎから日本語を教えていました。
    マイルストーンのメンバーは一生懸命ノートに書き取って日本語を勉強していました。
    1時間ほどで授業は終わったのですが、メンバーが次々に質問していて、彼女が家路についたのが19:00前。
    マイルストーンのメンバーは彼女たちの日本語教室を楽しみにしていて、とても感謝しているとのことでした。
    上達した人は、五十音を全部覚えていて、ひらがなで書けば流暢に読み上げることができるのでびっくりです。

    さて、今回の私の訪問の目的の1つが先日日本から帰ってきたばかりのアクマルさんにインタビューをすることでした。

    アクマルさんは、ダスキンが協賛するアジア・太平洋地区の障害者リーダー育成事業で日本に渡り、10ヶ月間日本の各地で「自立生活」についての研修を受けてきました。  

    アクマルさん
    アクマルさん。背がとっても高い(185cm超)方です。おもろい人でっせ。

    このインタビュー記事は、次号のパキスタンスペシャルに掲載される予定ですが、大要、彼はこのように語りました。

    ——————————————
    私は10ヶ月間、いろいろな経験をしてきました。

    日本に来る前は、1回も1人で食べたことがなかった。(註:それまでは食事はいつもみんなで食べていた)
    日本に来て、はじめて1人で食べた。
    1人で生活をしました。
    日本に来る前は、(1人で生活することが)できないと思っていたが、できてびっくりしています。
    研修のなかで1番いい経験はスキー(を滑ったこと)。
    パキスタンで、障害者がスキーをするなんて(考えられない)・・・・・。
    でも、日本ではスキーをすべることができて本当によかった。

    パキスタンで1番大切なことは自立生活運動。 いろいろなところに行って私は勉強しました。

    日本の人はとても優しいので、今、私が日本語でコミュニケーションできるのは、日本語の先生やメインストリーム (日本の自立生活運動団体)の人たちが教えてくれたおかげです。
    いろいろお世話になりました。 また、これからもよろしくお願いします。
    大変なことが(私たちに)あったら、教えてください。
    ——————————————


    これを彼は日本語で話をしました!10ヶ月ほどの研修で、これだけ上手にしゃべれるなんてびっくりですよ!

    インタビューは2時間ほど、それも時間を忘れて彼の話を聞いているといった感じでした。

    PM09:00 最後のメンバーが家路について、この日の活動は終わりました。
    私は、マイルストーンさんのご好意で事務所に泊めていただくことができました。
    食事をした後は、ぷらぷら近くのマーケットを散策したり・・・・。
    イスラマバードより暑いなぁと感じる夜でしたが、いつの間にか眠っていたのでした。 (後編につづく)


    初版&最終更新日 2004年07月25日