Islamabad(イスラマバード)一覧

حلیم Haleem (ハリーム:カラチ名物の煮込みカレー)

初稿:2011年3月7日 更新:2018年5月17日(追記、アリーズ・キッチン、大阪ハラールレストランほか関連リンク追加)

ハリームとは?

حلیم Haleem ハリームは、豆・小麦・肉・香辛料などなどをひたすら煮込んでできるカレーです。
パキスタン、インドのカレーでイメージするサラッとしたorオイリーな感じではなく、
スプーンとかですくったドロッとした感じは、日本のカレーのようです。
ですが、このカレーは、豆や肉を煮込んで煮込んで煮込んで作る手のかかる料理で、味わう価値ありです。

ハリームは、アドラク(しょうが)・ダニヤー(パクチー)・ハーリーミルチ(青とうがらし)・ニンブー(レモン)とまぜて、ナーンと食べられています。

Wikipedia(JP) ハリーム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0
ハリームは1年を通してバザールのスナックフードとして売られている。ハリームはラマダーンやムハッラム (ヒジュラ暦の1月) にはイラン、パキスタン、インドを始めとする全世界で用意される特別料理でもある。

ウィキペディアで紹介されていますが、ラマザーン(ラマダーン:断食月)やムハッラム(イスラーム暦の1月)の頃よく食べられるということで、

こよみのページ
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/sub/islamic.htm

によれば、2018年は5月16日~6月14日頃がラマザーン、9月12日~10月11日頃がムハッラムになります。
この時期、パキスタン料理のレストラン、パキスタンの人のお家に行くとハリームをよく見かけるかもしれません。

パキスタンどこでも見かけるハリームですが、カラチ名物だと言われています。

地球の歩き方:カラチに来たら・・・・ハリーム!
http://tokuhain.arukikata.co.jp/karachi/2007/06/post_2.html

Youtube | Mazaidar Haleem Karachi, Directed By S.Kamran Salam

パキスタン民放局GeoTV制作。
カラチにあるハリーム店&オリジナルスパイス販売店の Mazaidar Haleem (マゼダール:おいしい)を取材したものです。全編ウルドゥ語。後半にお店でのハリームの作り方が紹介されています。

カラチで働いていた頃、パキスタン人同僚さんに地元で人気のハリーム店からテイクアウトしてもらって、お昼ご飯にしていたことがありました。美味しかったです。

ハリームをいただく(イスラマバード:2011年)

動画:イスラマバード・ブルーエリアのハリームガル(Haleem Ghar:ハリームを出す家)にて

2011年2月~3月にパキスタンを訪れた際、イスラマバード・ブルーエリアにあるお店「Haleem Ghar ハリーム・ガル」でいただきました。

Haleem Ghar | 公式サイト
http://www.haleemghar.com.pk/

Haleem Ghar公式サイトのトップページはハリームの写真。美味しそう!

2018年現在、イスラマバード2店舗、ラーワルピンディ1店舗、ペシャーワル5店舗、アボタバード1店舗を構えるチェーン店になっています。

右にあるのがハリーム。左上皿のしょうが・レモン・パクチーを混ぜて、ナーンと一緒にいただく(2011年3月)

美味しいハリームが食べられるお店(大阪)

ハリームは作るのに手間がかかる料理で、常時出しているとは限りません。
事前に、ハリームがあるかどうかお店に聞いていただくことをおすすめします。

大阪ハラール・レストラン

公式サイト
http://osaka-halal-restaurant.jp/
公式ツイッター(毎日のメニューが分かり、便利です)
https://twitter.com/osaka_halal
食べログ
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270407/27072992/

こちらのお店は、大阪のマスジッド(モスク)の向かいにあります。
マスジッドのそばにあるお店は、ハラールのことはもちろん、美味しい料理を出すことに真剣なイメージがありますが、まさにそんなお店。
ハリームはまだいただいたことがありませんが、普通のカレーも、それに美味しいローティ(チャパティ)が食べられてお気に入りです。

このお店で美味しいハリームを食べたよ!とレポートしてらっしゃるブログをご紹介します。

カレー細胞 | 感激のリアルパキスタン、極上のハリーム。「大阪ハラールレストラン」(千船)(2013年8月15日)
http://currycell.blog.fc2.com/blog-entry-1823.html

あーこれは楽しみ!美味しいハリーム、私も食べてみたいです!

アリーズ・キッチン(大阪・心斎橋)

公式サイト
https://www.aliskitchen.jp/
食べログ
https://tabelog.com/osaka/A2704/A270401/27045608/

いただいたのは、お店がまだ大正区にあった2011年のこと。
ハリームがあるかどうか、事前に調べずに行ったのですが、ラッキーなことにその日いただくことができたのでした。

店主さんは、トロント生まれのカラチ育ち、ということでカラチが誇るこのハリームをお作りになっていらっしゃったご様子。
本場のハリームだぁって一口食べたときすぐに感じました。
とーっても美味しゅうございました。

アリーズキッチン | メニュー表
http://aliskitchen.jp/grand%20menu.html
によると、ハリームは年4回だけ提供、とのこと。また食べられるといいなぁ。

アリーズキッチンさんの美味しさが認められて、ミシュランガイド2017、2018京都・大阪でビブグルマン(5000円以下で食べられる美味しいお店)の1店に選ばれました。

グレンの旅&グルメブログ | 【ミシュランガイド大阪2018】ビブグルマンのお店一覧(心斎橋)
https://www.xn--e-3e2b.com/osaka/michelin2018_osakab05/

ルトロン | ミシュラン・ピブグルマン受賞! 心斎橋の本格パキスタン料理「ALI’S KITCHEN」
https://letronc-m.com/3404


کابل ریسٹورنٹ Kabul Restaurant | カーブル・レストラン(イスラマバード)

初稿:2011年3月5日 更新:2018年5月18日(写真追加・リンクチェック)

イスラマバード F7エリアのジナースーパーマーケット(Jinnah Super Market:大きなショッピングエリア)のエリアの中にある有名なアフガン料理のお店です。

日本ではカブールと呼ばれますが、
کابل Kābul カーブルと発音します。レストランはウルドゥでもそのまま ریسٹورنٹ レストランです。

2階建ての建物で、
1階の大半と2階: カーブルレストラン
1階の残りのスペース: アフガンベーカリー が営業しています。

アフガンベーカリーにいる恰幅のちょっとよい若いお兄ちゃんは、私が協力隊で活動していた頃から働いていて(2004年頃から)昨日も変りなくお店を切り盛りしてました。

アフガン料理はパキスタン料理と違って辛くないので、日本人の舌にもあうものが多いと思います。
昨日はフンザの友人たち(に連れて行ってもらって)と一緒に晩ご飯をここでいただきました。
昨日は金曜日の週末でしたがお店はとても賑わっていて席が空いてはすぐに次のお客さんで埋まるといったような次第。

Youtube | Delicious dishes of Kabul Restaurant, Islamabad

さぁ、注文した料理がやってきました。

カブーリープラーオーは薄く味付けをしたごはんに、にんじんやレーズンを甘く煮た物をのせた一品。
このレストランのプラーオーは薄めな味付けだが、協力隊時代に活動していた学校のクラスにアフガニスタンから来た子どもがいて、その子のお母さんが学校にプラーオーを持ってきて生徒に振舞ってくださったり、ご自宅に招いていただいたときに振舞ってくださったプラーオーがめちゃくちゃ美味しかったことを今も憶えている。

うちのクラスの生徒です(4) – ファヤーズ君 - 2005年3月5日掲載
http://www.ktc-johnny.com/2005-03-05-fayaz.html

アフガンナーンは独特の形をしたナーンで、ペシャーワルくらいまで行くとよく見かけることができていた。
ほうれん草のカレー(パキスタン料理でいう「サーグ」)や肉団子の入った豆カレーは、パキスタン料理にくらべてグググッと香辛料が控えめになっていて、辛さはほとんどない感じ。

Youtube | Delicious Tikka and Kabab (Afghanistan B-B-Q)

おまちかね、ティッカとカバーブが来ました!

このお店のウリと言って間違いないのが、1階の軒先で炭火で焼いているこの串刺しのティッカとカバーブです。羊の肉を使っていますが、香辛料をそんなに使っていないにもかかわらず、炭火で焼かれたその風味は最高です。冷めると味がガクンと落ちてしまうので、あったかいうちにどうぞ。
マジで美味いですから。

Youtube | Kafwa (Afghanistan Green Tea)

さて食後はカッワー(グリーンティー)!

アフガニスタンに近いこの地域では冬はミルクティーも飲むけれど、グリーンティーを飲むことも多いです。
砂糖を入れて飲むとこれまた美味い。

このお店で出されるグリーンティーは砂糖なしで出てきますが、一緒に添えられるシーズニー(アーモンドを砂糖でコーティングしたお菓子)をボリボリとかじりながらいただくといいもんです。

お店で食べることもできますし、テイクアウトすることもできます。
いつも元気に営業しているカーブル・レストラン。
イスラマバードにお越しの際はぜひお立ち寄りになってみてください。


Puri : プーリー、朝食の定番揚げパン

関連リンク

タンドール(パン焼き窯)&ロゴニーナーン(ゴマつきパン)(2006年8月16日)
http://www.ktc-johnny.com/rogoninaan.html

ローティ(チャパティ)&ナンのお店(2005年06月19日)
http://www.ktc-johnny.com/rothi1.html

パキスタン案内
http://www.ktc-johnny.com/pakistan-index


【2009年02月06日(金曜日)追記】動画:プーリーづくりの様子(33秒)

パキスタンの街角(ラホールやイスラマバードなど、パンジャーブ地方でよく見かけました。)で見かける朝の光景です。
大鍋に油をグツグツグツと煮立たせて、そこに手でたたいてのばした生地を投げ入れる。
すると、あ~ら不思議。10秒もかからずにぷくぅ~って膨れてプーリーのできあがり。

生地をたたいてのばして・・・

生地をたたいてのばして・・・

煮立った油に生地投入

煮立った油に生地投入

揚げる係のおっちゃん

揚げる係のおっちゃん

↑このおじちゃん、とっても人なつっこい目をしてカメラに顔を向けていました。
そうそう、こういう感じ。
パキスタンの人はフレンドリーな人が多いのです。
身なりが貧しく見えても、優しい人は多い。
だから昨今のニュースを聞くと悲しくなるし、それがパキスタンの本当ではないと思います。
ちょっと脱線、失礼。

揚がって・・・

揚がって・・・

はい一丁あがり。

普通のローティやナーンもそうですけど、食べるなら熱々なうちがいいに決まっている。
出来たてのプーリーは熱々天ぷら状態だからアチーアチー(笑)。
そこを、ホフホフいいながらカレーやハルワーをつけて食べる。

プーリーとカレー

ま、油ギッシュな食べ物ですが、これがかの地で出来たてを食べるととっても美味しいのですよ!
あー食べたくなりました。。。。


【2004年12月01日(水曜日)】

パキスタンの人々の朝食といえば・・・

1 ローティ(アーター粉:ATA・・小麦の全粒粉・・を使った薄いパン)
2 プラタ(ギー:牛脂・・・を練りこんだ生地を油で焼いたパン)
3 プーリー(パイ状の生地を油で揚げてぷくっと膨らませた一品)

などに

1 ムラーイー(水牛などの牛乳を温めると分離する乳脂肪分)
2 アンダー(andha・・・オムレツや目玉焼き)
3 チャネ(チャナ豆・・・ヒヨコ豆・・・のカレー)
4 パイ(牛などの筋や関節部分のカレー風煮込み)
5 ハルワー(小麦粉・豆粉・にんじんなどいろいろな素材をギーや砂糖で味付けしたもの)

をつけて食べます。↓は、ラホール(Lahore)の街角で撮ったプーリーづくりの様子です。

<プーリーの作り方>

生地をのばします

生地をのばします

↑生地を薄くひらべったくのばします。

ふくれる生地

ふくれる生地

↑それを大なべの油の中にいれ、周りから熱した油をまわしがけしますと、10秒も経たずにこんな風にぷくっと膨れます。

・・・で、できあがり(笑)・・・は、は、はや~い~

朝食のセット

朝食のセット

↑左がプーリー、右手前がハルワー、右奥がチャネです。
このセットで5ルピー(10円)というリーズナブルさ!!
おうちへ持ってかえって食べる人も多いですが、プーリーがペシャンコに&油ベトベト感MAXになるので、お店で出来立てを食べるのがオススメです。

お店裏側

お店裏側

↑左がハルワー、右が2種類のカレーです(サラッとしたカレー)。

<使っている油・・・ギー>

パキスタンの料理に欠かせないのが「ギー」と呼ばれる牛脂です。サラダ油よりはるかに高カロリー高コレステロールというイイとこなしみたいな(笑)アイテムですが、その分コクがあって美味しい料理ができまする。

ギーの缶

ギーの缶

↑このプーリー屋さんでは、毎朝一斗缶で10個近い量のギーを使っていました。

大鍋に入ったギー

大鍋に入ったギー

↑植物油と違って常温ではこんな感じで固まっています。
これを熱して揚げ油やさまざまな料理に使っているのです。


STEP : イスラマバードの障害者NGO

STEPのILセンター

STEPのILセンター

パキスタンで活発に活動している障害者の方のNGOがたくさんあります。
イスラマバードにも「STEP(ステップ)」というNGOがあり、これまでもさまざまな運動を繰り広げてきました。
過日(2005年4月1日金曜日)にイスラマバード市内にIL(アイエル=Independent Living=自立生活)センターがオープンしました。
>>STEPホームページ(英語) >>エキサイト和訳
続きを読む


動画紹介:イスラマバード&ラーワルピンディ

初稿:2005年2月27日 更新:2018年5月9日(地図リンク追加)

今日は用事があり、ラーワルピンディに出かけていました。
あいにくの曇り空でしたが、ここ数日日差しが暑かったのがしのげてちょうどよい感じでした。
パキスタンでの生活も4ヶ月強となり、少しずついろいろなものや出来事を想い出に残しておこう・・・と意識するようになりました。
それで、今日は日本から持ってきたビデオカメラ片手にあちらこちらを撮ってきました。
その中からいくつかのスポットをご紹介したいと思います。

動画:イトワールバザール(日曜市)のさとうきびジュース売り(1分)

さとうきびを機械でしぼって飲ませるスタンドはあちらこちらでみかけることができます。
小さいグラスなら1杯5ルピー(地方なら2~3ルピー)です。
しぼったジュースに塩・マサラやニンブー(レモン)を入れて飲むのがパキスタンスタイルです。
あんまり衛生的ではないので、ときどきお腹をこわす諸刃の剣なんですが(笑)。
今日のスタンドの兄ちゃんはなかなか味のあるコテコテ振りを発揮していました。
「アッチャー、アッチャー、グレイトヘナ?(いいだろ、いいだろ、グレイトだよな?」
と言っているのが聞き取れると思います。
ガンネー・カ・ラス(さとうきび・の・ジュース)といいます。

>>はじめてのイトワールバザール(パキスタンアルバム)
/sundaybazaarfirst.html

動画:フォワラーチョーク(ラーワルピンディ・ラジャバザールそば:40秒)

フォワラーとはウルドゥ語で「噴水」を意味します。
その噴水のところからぐるっとチョーク(交差点)の様子を撮ってみました。
とても交通量が多いところで、リキシャー(3輪タクシー)や車や馬車がひっきりなしに行きかいます。
イスラマバードは閑静なイメージがありますが、ラーワルピンディはいかにもパキスタンという風情といいますか下町情緒がコテコテにあるところです(笑)。
ビデオの終わり際に白い車が宙に浮いたように見えますが、これはフォークリフトでレッカー移動している様子です(笑)。警察官が操作していますがなかなかうまいこと移動させるなぁと感心していました(笑)。
終わりにリキシャーの中で
「ジャパン セ フーン ジー」(日本 から きています)
「デール サール ホーゲヤー ジー」(1.5 年 経っちゃいました)
と私がリキシャーの運ちゃんに話しかけています。

>>ラーワルピンディの歩き方(フォワラーチョーク)
/rawalpindi01.html#faura

動画:ラグ麺屋さんで昼食(35秒)

ラーワルピンディにあるラグ麺屋さんでの昼ごはんの様子です。
日曜日の昼はカシュガルからやってきている人たち(おじいちゃんが多いです)がこのお店にやってきて食事をします。
いつもは麺を頼むのですが、今日は隣に座ったおじいちゃんとおなじフカフカのまんじゅうでいただくことにしました。
具のないシンプルなまんじゅうでしたがこれがとても美味しかったです。
このお店にお越しの際はまんじゅうで野菜あんをいただくのもオススメします。
ちなみにこのおじいちゃんとは初めて会ったのですが、中国語もウルドゥも通じなくて身振り手振りでお話していました(笑)