PWDs(障碍・障がい者)一覧

パキスタン地震(2005年)で受傷した女性の自立支援のため、日本人女性がイスラマバードに設立した工房「Paper miracles」

Paper Miracles Website

パキスタン地震(2005年)で受傷した女性たちの自立支援のため、ある日本人女性が2年前にイスラマバードで「ペーパーミラクルズ(Paper Miracles)という工房を設立しました。
受傷した女性たちが、カレンダーや新聞紙で作った短冊からビーズを作り、それが驚くほど素敵なアクセサリーに生まれ変わります。

「紙も女性も変わることができたらミラクルですね」

とは設立した高垣絵里さんの言葉です。その志、とても尊く思います。

Pakistan Special 2014年11月号表紙

パキスタンの障害当事者情報雑誌のPakistan Special http://pakspecial.org/ 2014年11月号でペーパーミラクルズの活動が紹介されました。
表紙を飾るのは、代表の高垣さんです。

Paper Miracles | Official web:
http://www.papermiracles.org/

Facebook
https://www.facebook.com/papermiracles.org/

Mugendai : デジタルメディア
ペーパービーズが明日への希望を紡ぐ ――パキスタン大地震で傷害を負った女性たちの自立を支援する(2015年8月20日)
https://www.mugendai-web.jp/archives/4294

在パ日本人の方がアップされているブログ「Cafe Islamabad」では、写真入りでこの工房について紹介してくださっています。
Paper Miracles(2013年12月17日)
http://cafeislamabad.jugem.jp/?eid=1915

Paper Miraclesのファッションショー(2014年2月13日)
http://cafeislamabad.jugem.jp/?eid=1939

学生を連れてパキスタンへスタディ・ツアーをされている埼玉大学教育学部の川元克秀准教授は、2014年のスタディ・ツアーでペーパーミラクルズを訪問しました。
そのことがパキスタン全国紙のNews紙に掲載されました。

News紙掲載記事紹介 | Paper Miracles
Special persons get more care in Pakistan as compared to developed states
http://www.papermiracles.jp/press-release2.html


SAAYA Association サーヤ協会

http://www.saayaassociation.com/

SAAYA Association サーヤ協会は2009年にパキスタン・イスラマバードで設立された障害者団体です。
代表を務めるのは Asim zafar アシム・ザファルさんといい、私が協力隊時代から交流のある Milestone マイルストーンという障害者団体の代表を務めていらっしゃったので、その時以来の友人です。
そのアシムさんがいろいろな過程を経て、もとの住まいだったラホールからイスラマバードに居を移して立ち上げたのがこのSaaya Association サーヤ協会です。
Saaya サーヤはウルドゥ語やヒンディ語の単語です。訳すと”Shade(ひさし、覆い)”とか”Shadow(影、保護する)”などの意味です。アシムさんは”Shade”の意味だと話していました。
パキスタンの国歌の最後の一節、「全能の神の象徴なり」の「全能」の単語にこのSaayaを充てています。
意味合い的には遍く全ての人を包むというような大きなイメージがサーヤ協会の名前にはこめられているのではないかと思います。

2011年03月05日(土曜日)追記
昨日3月4日(金曜日)、短時間ですが、イスラマバードI10エリアにあるサーヤ協会の事務所を訪問しました。

動画:事務所に設置されていたエレベーター

前回2010年9月に訪問した際にはなかったエレベーターが設置されていました。
停電の多いパキスタンの事情もあって、電気だけでなく手動で動くようになっています。
事務所の2階で自立生活を始めた障害当事者さんがいるとのことで、その方のアクセス用にも活躍しているようです。

動画:障害者の介助サービスについて説明をするアシムさん

昨年2010年12月から介助者の派遣サービスを始められたとのことです。
気になるのは介助者が報酬を受けられるかどうかということでしたが、ローカルコミュニティから少しずつ援助を貰っているというようなお話で些少だと思いますが報酬を受けたサービスになっているようです。
以前マイルストーンがラホールで同様のサービスを試行していたことがありましたが、現段階ではパキスタンで唯一が片手で数えるほどしかないサービスをサーヤ協会は実施しているとのことでした。
具体的に一人ひとりの利用者さんの時間管理のファイルを作り、誰々が派遣されるかなど細かく設定されていました。
うん、これはすごいなと思いました。
今日は金曜日で(午後から礼拝がある)半ドンになってしまう日なので、帰国前に改めて介助の実際を見てみたいと思っています。

– – – – –
2009年12月追加
サーヤ協会を初めて訪れたのが、2009年12月初めのことでした。

動画:2009年当時のサーヤ協会メンバー

事務所はF10マルカズ(市場)のすぐそばにありました。
2階建ての建物の1階部分を事務所兼自立生活の体験ルームとして使っていました。
設立されてまだ日が浅いころで、いろいろな活動を試行錯誤しながらされていたことを覚えています。


Welcome Ms.Abia and Ms.Saba from STEP,Pakistan

Ms.Abia Akram アビアさん、Ms.Saba サバさんのお二人を西宮に迎えての歓迎会にて。
私たち、Mainstream Association メインストリーム協会(NPO法人:障害者団体)のメンバーで彼女たちと一緒に、パキスタンの仲間たちへメッセージ。
Jindaa Baad(Viva!) ジンダーバードとは、ウルドゥー語で「万歳」という意味。
「○○ジンダーバード!」で「○○万歳!」というかけ声になる。この言葉はかなーりマジカルワード。「パーキスターン、ジンダーバード!」と言えば、「パキスタン万歳!」ということで、これを聴けば必ず喜んでくれます、パキスタンの人たち。

2010年02月21日(日曜日)

15:00すぎ、東京から新幹線→在来線を乗り継いで、お二人がJR西宮駅に到着。

Ms.Abia アビアさんはGlobal Independent Living Training Course 自立生活研修のために東京の障害者団体の招きで来日されている。
Ms.Saba サバさんはアビアさんの介助者(パキスタンでは、Personal Assistant パーソナルアシスタントという呼称を使っているそうだ。)。
日本で滞在されるうちの何日かを西宮での研修に充てていただくこととなり今回おいでになった。
”せっかく来ていただくんやから、みんなで歓迎せななぁ”と、KADOTAさん(メインストリーム協会理事長)。
まずは駅にて歓迎せな・・・と都合がつく人で集まった次第。

駅で来西を歓迎した後、連れだって事務所まで移動する。

Ms.Abia アビアさんは、STEPSpecial Talent Exchange Program ステップという障害者団体に所属している。

STEP: Special Talent Exchange Program
Official Website http://www.step.org.pk/
image

2010/02/21 閲覧

STEP : イスラマバードの障害者NGO
http://www.ktc-johnny.com/2005-04-09-step.html

そのSTEPの中に自立生活センターとして Capital Independent Living Center を設立し、その中で活動をされているとのこと。
その他にも、DPI-Pakistan(国際障害者組織DPIのパキスタン地域の統括団体)、HI(Handicap International、DPIと同様の国際障害者組織)などでも活躍をされている才媛だ。
今回の来日の目的のひとつは、その最近設立された自立生活センターを具体的にどう運用していけばよいのか、そのノウハウを学ぶこと。
東京でも研修を積まれ、そして今回西宮でも研修をされることとなった。

事務所に移動して、大きなテーブルを囲み、自己紹介や雑談が続く。
日曜日の夕方近くだったけれど、当事者、介助者入り乱れながら常時20人近くの人が手狭になった事務所にぎっしり詰めかけ場を時間を共有している。
ひとしきり話し込んだあと、事務所2階のILルーム(自立をするためのトレーニングができる体験部屋)でお二人にしばらく休んでいただいてから、夜別会場にご案内する。

今回、西宮においでになることを聞いたのが1週間前。
でも、このメインストリーム協会のスゴイところは、こうした研修生受け入れ、各種パーティを毎週行っているような感じなので、すぐに対応できるところ。
今週もフィリピンからの研修生を受け入れていて、パーティーは今週3回目になるんだ。
講義・ディスカッションも大切にしつつ、こうしたアットホームな環境の中で全力でおもてなしをする、その居心地の良さをたっぷり味わってもらう、そこにもとても力を入れている、いや力は入ってないな、自然なスタイルになっているんだな。

パキスタンからお客様。
日本では食事に苦労することが多い。
一般のイメージは、イスラーム=豚肉ダメ、ということですよね。
でも、それだけじゃぁないんだな。他の肉でも食品でも、HALAL ハラル、しきたりにのっとってさばかれている&こしらえているかということを確かめるムスリムが多いんですね。
男性は、外国に来るとお酒を飲むこともあるし、食事もさほど神経質でない人が多いけれど、女性はそこは厳しい人多いですかね。

Wikipedia(JP): ハラール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%83%B…

なので、今回用意した食事(焼き鳥、お酒、いろいろ)は食べられへんかったね。で、かわいそうなのでお菓子(チョコレートなど)を用意して食べてもらうようにしたり。
彼女たちはパキスタンからラーメンなどを持ち込んで来ていてそれを料理したり、カレー屋さんで豆カレーなどの野菜料理を食べるようにしているとのことだった。

そういう苦労はあるけれど、「自立生活のことをしっかり学びたい!」という意欲はすごい。
パーティー中も、特に利用者(障害者)さんと積極的に関わり話し込んでいらっしゃった。

KADOTAさんともお話を。
パキスタンにいるときから、うわさはお聞きしていたけれど、こうしてお会いできてとてもうれしい!と語るアビアさん。
KADOTAさんも、志ネットワークのお話をしたりしながら、生涯をかけてこの運動に取り組む意気込みを語っていらっしゃった。実に熱い場だったんだ。

それと、KADOTAさん、こうもアビアさんに言ってた。

「いま、私たちはアジア支援からスタートして、中米(コスタリカ、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア)支援までさせていただくようになったけれど、その始まりは2003年のパキスタンやったんや。その1回目のセミナーが大成功して、そこで確信を持てたから続けて海外支援がやってこれたと思ってるねん。どの国も支援していきたい、大切にしたい気持ちは同じやけど、特にパキスタンに対してはひとしおの思い入れがあるねん」

こういう、人がどっと集まってくる勢い、アットホームな雰囲気、KADOTAさんたち会いたいと思った方に会えたこと、
たぶんそういうのがミックスされてると思うけれど、お二人とても感激してはったなぁ。
Bahut Accha Lagaa とってもスゴイですね、と何度も何度も話していた。

西宮での滞在予定は24日まで。
短いけれど、これからも連携を密にとっていきましょうと改めて確認。
明日月曜日からは研修やディスカッションなどを重ねる。

——
後日追記
3泊4日の日程でしたけど、アビアさん、サバさん、とっても堪能していただけたようです。西宮。

動画:自分史、イスラマバードでの活動についての講演会

動画:レクリエーション研修:ローバレーボール(転がしバレーボール)

動画:帰京前に西宮駅で記念撮影

帰京してすぐパキスタンへ帰国されたアビアさんたち。
帰国後すぐに仕事が山積しています。
きっと今年またイスラマバードに行けると思うので、再会が楽しみです。


2005年11月:自立生活セミナー写真記録

ktc-johnny.com(トップページ) >  パキスタンの障害者・障害児支援  > 自立生活セミナー写真記録(2005年11月:ラホール)

>>自立生活セミナー活動記録(2005年11月:パキスタン・ラホール)
パキスタン・レポート : 2005年11月 (1)
http://www.ktc-johnny.com/2005-11-pakistanreport1.html

ラホール空港での出迎え

2005年11月06日(日曜日)
ラホール空港にご到着された中西正司さん(ヒューマンケア協会・DPI日本会議)、斉藤さん(CIL日野)、本間さん(DPIアジア太平洋会議)を歓迎するマイルストーンメンバーたち。
飛行機が延着し、この写真を撮ったのが深夜2時前でした。

カムランさんのご自宅

中西さんとの記念撮影

2005年11月08日(火曜日)
在宅のアテンダント(介助)サービスを利用しているカムランさんのご自宅を訪問しました。
お父さん(手前立っている方)はラホールの行政区長も歴任された地域の名士だそうです。車椅子用にスロープが造られていました。
記念撮影の後、お父さんは「介助サービスは大変ありがたいと思っています。ありがとう。」と感謝の言葉を述べていらっしゃいました。

マイルストーンのメンバーたちと

2005年11月08日(火曜日)
セミナーの研修の合間のひととき。アシムさん(会長:車椅子左:茶色の服)、シャフィークさん(車椅子中)、シャフィークさんのお父さん(右の立っている方)と談笑される中西さん。
後日、シャフィークさんのご自宅に夕食をお呼ばれになり楽しいひとときを過ごされました。

ヒジャーズ病院

病院のドクターとの会話

2005年11月09日(水曜日)
地震災害で脊髄損傷を負われた被災者の方々が入院されているヒジャーズ病院(Hijaz Hospital:私立病院:ラホール・グルバルグ)を訪問しました。
こちらの病院にはおよそ40人近い脊髄損傷の方が入院されていました。

そのヒジャーズ病院のドクターに脊髄損傷について話をするマイルストーンのみなさん。
ナディームさん(左)・アティフ=ラザさん(左から2人目)も脊髄損傷の障害がある方で同じ障害のある方々とグループを作り活動なさっていらっしゃいます。

ファルークさんとの談笑

ダンスに興じるメンバーたち

2005年11月10日(木曜日)
ファルークさん(副会長:右)と談笑のひととき。ファルークさんは筋ジストロフィーの障害がありますが、このように改造したバイクに乗っておひとりで事務所まで通ってこられています。(後ろに積んでいるのは車椅子です)
マイルストーンメンバーで介助コーディネーターをされていたソビアさんと今年ご結婚され、みんなでお祝いしました。

2005年11月11日(金曜日)
中西さんがセミナーに参加していたメンバー全員を近くのレストランにご招待しました。
食事後、即興のダンスパーティが開かれました。太鼓のリズムに合わせて踊るメンバーの方々です。真ん中にいるのはカムランさんです。そのまわりを介助者さんたちが踊ってまわっていました。こうやってカムランさんだけでなく次から次へとなかまが中心に引っ張り出されて踊っていました。

セミナーのバナー(タイトル幕)

2005年11月12日(土曜日)
ラホール・アバリホテル(Avari Hotel)でセミナーが開かれました。

話し合う参加者の方々

セミナー参加者のみなさん

2005年11月12日(土曜日)
話し合う参加者の方々。スーザンさん(右:世界銀行パキスタン事務所)、ジャミール博士(右から2番目:DPIパキスタン代表)や中西さん、マイルストーンのみなさんが地震救援の方策について話し合っていらっしゃいます。

セミナーに参加されたみなさんの記念撮影。
イード後すぐの開催であったこと、地震救援活動でセミナー告知が十分でなかったのですが、100名を超える方が参加していただくことができました。

段差のある場所での車椅子移動

備え付けの用紙に記入する

2005年11月13日(日曜日)
中西さんがご帰国される前にメンバーが集い夕食をいただきました。
そのレストランはこのように段差があったりトイレが狭いなどアクセシビリティが不十分な状態でした。
それで、メンバーたちが店に備え付けの用紙に「段差がある・トイレがせまい・スロープがない」ことを挙げ、「アクセシビリティのある店に改装してほしい」と書き込んでいます。

介助者さん(リズワンさん(Mr.Rizwan))の意見(動画:20秒:aviファイル:5.42MB)

(日本語訳)
Q:教えてください。(このレストランの)問題はなんですか?
A:問題はこうです。このレストランにはスロープがありません。それにトイレが小さいので車椅子利用者は行くことができません。(で、この用紙に記入しているのですが)
スロープをつけてください!トイレを(アクセシビリティのあるものに)作り変えてください!(そうすれば)障害のある方が簡単にアクセスすることができるでしょう。


初版&最終更新日 2005年11月15日


جينا ہے سب کیلئے ジーナー ヘィ サブ ケリエ (みんなのために生きよう!:ラホールの障害当事者団体マイルストーンのテーマ曲)

2012年8月12日追記:
Youtubeに Jiina Hai Sab Kelie の曲がアップされています。
YouTube Preview Image


2005年9月30日追記

マイルストーンのスローガン横断幕

↑マイルストーン(ラホールの障害当事者NGO)のオフィスにこのような横断幕が掲げられています。
ウルドゥ語で書かれているのは
“Jiinaa Hai Sab Kelie(ジーナー へ サブ ケリエ)”というスローガン。
「みんなのために生きる」とか「生きることはみんなのため」
というような意味になるかと思います。
どの人も等しく社会のなかでなくてなならない尊い人たちなんだ!・・・そのような思いがこめられているように感じています。

ミーティングの様子

↑2005年9月28日(水曜日)夕方、世界銀行(The Wold Bank)でアドバイザーを務めていらっしゃるMs.Judy Heuman(ジュディ・ヒューマンさん)がラホールのマイルストーン事務所を訪れました。
彼女はアメリカ・バークレイにある世界初の自立生活センターで仕事をなさったあと、クリントン政権下では教育省次官を歴任、その後世界銀行で活動を続けていらっしゃいます。

「アメリカの1年 No.6」(ジュディさんの紹介が載っています)
http://www.asahi-net.or.jp/~YS2K-SIK/00usa/america6.htm

先日イスラマバードで開かれていたCBSHODに参加された後、ラホールにお出でになりました。

16:00からはじまったミーティングは19:00近くまでそれは熱のこもったものになりました。
マイルストーンの活動について一人ひとりにお聞きになっている彼女の姿が大変印象的でした。

↑の写真で中央立っているのはマイルストーンメンバーの方です。彼は聴覚に障害があるため手話を使ってお話をなさっています。

これまで、肢体不自由・視覚障害のある方々がメンバーの多くをしめていましたが、最近では聴覚障害の方々が多くマイルストーンの活動に参加されるようになってきました。
障害種に関係のない広い交流の場(クロス=ディスアビリティ Cross-disability)がここにできつつあります。
手狭になっている事務所の問題、財政的な課題などなど率直な現状がこの場で彼女に伝えられていきました。彼女としても、また同行されたパキスタン事務所スタッフとしてもその問題を理解されていたようです。

最後は事務所前で記念撮影。あっという間に感じられた大変中身の濃い3時間でした。

記念撮影