パキスタンの特別支援教育一覧

Hassan Academy : インクルーシブ教育の学校 1

>>Hassan Academy : インクルーシブ教育の学校 2 >>パキスタンの障がい児者支援

2012年7月26日木曜日追記:
イスラマバードに特別支援ならびにインクルーシブ教育を行う学校を建設するために、日本政府から910万ルピー(約780万円)の支援が行われることになり、今年2012年1月に大江博パキスタン駐箚特命全権大使とハッサン校長とで調印式が行われました。

ハッサンアカデミー校長の Ahmed Hassan博士が日本政府の財政援助を受けてイスラマバード市内に障害児学校を建設へ(2012年1月20日報道)

/paknews/?p=391

また、今月2012年7月初めにハッサン校長から
We are pleased to inform you that construction at islamabad project started.
(イスラマバードでの学校建設プロジェクトが始まったことをあなたにお知らせできることをうれしく思います。)
という連絡をいただきました。
完成まで時間がかかるかと思いますが、ぜひ足を運んで進捗状況を見てみたいなと思っています。

 


2005年4月18日:アップ
ラーワルピンディ(Rawalpindi)の下町にある私立の学校があります。
名前は「ハッサン アカデミー(Hassan Academy)」。1993年にハッサン博士(Dr.Ahmed Hassan)が私財を投じて現在の地に開校しました。

Kal TakというTV番組がハッサンアカデミーを取材した模様です。(ウルドゥ語:2009年9月放映)
Youtube: Kal Tak, Eid Special Program with special children of Hassan academy Part 2

レポーターがハッサン校長と各クラスを訪れています。
聴覚・知的・身体障害のある生徒たち、障害のある・ない子どもが一緒に勉強しているクラスを紹介しています。

この学校の特色は障害のある子どもと、ない子どもがともに同じ学び舎で学ぶ「インクルーシブ教育(Inclusive Education)」。
昨年暮れにハッサン博士(校長)と初めてお会いし、かねがね伺ってみたいと思っていましたが、この4月上旬に学校を何度か訪問させていただくことができました。
ブログで2回に分けて、その訪問記を綴っていきます。

 

ハッサンアカデミーの校舎外観

ハッサンアカデミーの校舎外観

↑学校はラーワルピンディのピールワダイモールそばにあります。すぐ近くを走る幹線道路(The Mall:マールロード)から狭い路地を5分ほど歩くと学校の白い壁が見えてきます。高級住宅街ではなく庶民的な下町の一角に学校は建っています。
1993年1月1日に設立されたこの学校にはNursery(ナースリー:幼稚園年長組)から10年生(中学~高校に相当)までの児童生徒が在籍をしているそうです。
また、この学校には地元ラーワルピンディだけでなくカラチやラホールなどから来た子どもも学んでおり、そうした子どもたちは学校やハッサン校長のご自宅に設けられた寄宿舎で生活をしています。
お邪魔させていただいたのは、4月の新年度が始まってすぐの金曜日でしたので通ってくる子どもは少ないようでしたが、ハッサン校長に案内していただき各教室にお邪魔させていただきました。

 

【その1:知的障害のある子どものクラスにて】

知的障害のある子どものクラスにて

知的障害のある子どものクラスにて

まず案内していただいたのは、ダウン症候群などの知的障害のある子どもたちのクラスでした。いた子どもたちの年齢は多少幅があるようでしたが、「Nursery」クラスとの位置づけで授業が行われているようでした。
行ったときに子どもたちは絵と単語のマッチングの課題に取り組んでいました。「りんご」の絵なら「りんご」とウルドゥ語や英語で答える課題に取り組んでいるようでした。

 

ハッサン校長と子ども

ハッサン校長と子ども

↑首根っこをつかまえて「こら!」と言っているようにも見える(笑)写真ですが、ハッサン校長の子どもへの関わり方は非常に丁寧なように見えました。

 

【その2:聴覚障害のある子どもたちのクラス】

聴覚障害のある子どものクラス

聴覚障害のある子どものクラス

次に訪れたのが聴覚障害のある子どもたちのクラスでした。
大きな声で話せば聞き取れる子や、補聴器を使えば聞き取れる子、まったく聞き取れない子どもまでさまざまな障害の程度の子どもたちがいましたが、みんな元気に授業を受けていました。

 

絵を描くアシスタントの女性

絵を描くアシスタントの女性

↑クラスのアシスタントをする女性と紹介されましたが、彼女はひたすら1枚の絵を描くことに一生懸命になっていました。(聴覚障害のある方のようでした)

 

英語の文を黒板に書く生徒

英語の文を黒板に書く生徒

↑この子はほとんど声を聞き取ることができませんが、先生と手話などを使って黒板に文章(学校や校長先生の名前など)を書いていました。
聴覚に障害のある子どもたちは日本と同様に手話を使い上手に会話をしています。また他方では、リハビリによる口話の習得も先生たちから促されていて、そうした訓練をするスピーチセラピスト(Speech Therapist:言語聴覚士)をお願いされることもあります。

 

【その3:インクルーシブなクラス】

コーランをする子どもたち

コーランをする子どもたち

その次に案内されたのは、聴覚に障害のある子どもと障害のない子どもが一緒に学ぶインクルーシブなクラスでした。
そのクラスには、10人ほどの子どもが勉強していました。そのうち半分は聴覚に何らかの障害はありますが学習面では問題のない子どもたちが集まっていました。
お邪魔させていただいたときは、イスラミアート(イスラームの教えを学ぶ)時間だったようで、コーラン(クルアーン:イスラームの経典)を読誦したりしていました。

 

6つほどあるクラスのうち、こうして障害のある・ない子どもがともに学んでいるクラスは2~3のようでしたが、実際にこうした姿を見るととても感銘を覚えました。
パキスタンでは他の開発途上国と同様に障害者に対する支援施策はまだまだお寒い現状で、公的な年金をはじめ財政的なサポートはほとんどない状況です。
また、障害のあることを差別的に見る風潮も根強く、家族に障害者がいることを隠すという事例もしばしば聞くところです。

日本のように障害者教育(特別支援教育)が独自に発達してこなかったからこそ、こうしたインクルーシブな教育が始めやすかったという事情もありますが、財政的な支援が得られるかどうかわからない民間の学校が理想に燃えてこうした活動を10数年にわたって続けてこられたことに、私は敬意を表したいです。


Hassan Academy : インクルーシブ教育の学校 2

>>Hassan Academy : インクルーシブ教育の学校 1
>>パキスタンの障がい児者支援

 

【その4:知的障害のある子どものクラス】

知的障害のある子どものクラス

知的障害のある子どものクラス

↑もともと、ハッサンアカデミーは聴覚障害のある子どもと障害のない子どもがともに学ぶ学校として開設されましたが、実際にはCP(脳性まひ)の子やダウン症候群のある子ども、知的障害のある子どもも通ってきています。
この日(金曜日で半日授業)はこのクラスに20人弱の子どもが通ってきていました。はにかみやさんが(笑)多いような気もしましたが、みんなとっても素直でのびのびとしていました。

 

黒板に字を書く子ども

黒板に字を書く子ども

↑この子どもはCP(脳性まひ)があり歩行にやや不安があるため転倒した際の頭部の保護にこうしたキャップをかぶっています。
利き手にも麻痺があるので書くときはすこし苦労していますが、人の助けを借りずに上手に字を書いていました。

 

子どもと話のやりとりをするハッサン校長

子どもと話のやりとりをするハッサン校長

↑ハッサン校長が子どもとお話をしているところです。お話している相手は知的障害のある女子生徒たち。この子たちもとても伸びやかでかわいらしかったですねぇ。

 

【その5:入学したての子どもたちのクラスにて】

ハッサン校長と子ども

ハッサン校長と子ども

↑最後にお邪魔したのは入学したばかりの子どもたちのクラスでした。(パキスタンも4月が学校の新年度がはじまることが一般的です)
まだ入学してまもない子どもたちにハッサン校長が話しかけています。子どもたちは心なしか緊張しているように見えますね。
で、このハッサン校長、話しかけるときには子どもの目線に下がって話すように気をつけていらっしゃいます。
これってパキスタンではなかなか見られない光景です。
こちらの先生の言うことは絶対で普通は子どもを呼びつけて指示することが普通だったりします。
↑の写真のように先生から目線を下げていってお話しするっていうのはあんまり見られないなぁ。

 

【コンピュータクラスにて】

コンピュータクラスにて

コンピュータクラスにて

↑学校の1室がコンピュータルームになっていて、そこで子どもがコンピュータを使い絵を描いたり文章を打ったりする様子をみせていただきました。
コンピュータは全部で6~7台ありましたが、EU(ヨーロッパ連合)から寄付されたものでした。UPS(無停電電源装置)なども設置されていました。
インストラクターをしているのは、普段は印刷業をされている方。こうして時間のあるときに子どもたちを教えていらっしゃるようです。
この日は聴覚に障害のある子どもたちが来て活動をしていました。上手な子はペイントソフトで人の顔を描いて着色したりしていました。

 

【インクルーシブ教育のための工夫】

学校の時間割

学校の時間割

↑これは最後に見たクラスに貼られていた時間割です。
これをよく見ると”WhiteHouse Public School”と書かれてありますね。

このことをハッサン校長に尋ねると

「そうそうそう、障害のない子どもが”養護学校”に通っているとなると家族もそうだし世間体もそうだし本人のやる気も起きなくなってくるかも知れないですね。だからそうした子どもにはこの”WhiteHouse Public School”という学校に在籍している形にして(名札もその学校にして)おくんですよ。でも実際はひとつ屋根の下で一緒に勉強しているんだけどね。」

なかなかよく考えられた方法だなぁと思いました。

で、この日は金曜日で半日しかなくややあわただしかったのですが、見ている限り障害のある子ども・ない子どもの間の壁はまったく感じられませんでした。
私も日本で7~8年ほど障害児教育(特別支援教育)に関わってきましたので、日本のそうした教育の専門性の高さを知っているわけですが、こうした障害のある・なしで子どもを分けない教育を実際にみると魅力を感じたりもします。

このインクルーシブ教育をすすめるには教師の専門性や知識・技術の習得が求められるし(ハッサンアカデミーでもこのあたりが課題のようですが)ということですが、こうした子どものうちからあたりまえに育ち合っていけば「障害」ということを殊更意識せずに、「障害」とは感じずにお互い生活していくことができるなぁと思ったものでした。


イスラマバード圏の障害者・障害児支援機関

ktc-johnny.com(トップページ)  > パキスタンの障害者・障害児支援  > イスラマバード・ラーワルピンディの諸施設

>>パキスタンの障害者・障害児支援の現状
>>イスラマバード・ラーワルピンディ圏の障害者・障害児支援機関MAP
1250*1200pixel GIF画像 39KB

政府機関 | 大学 | 知的障害 | 肢体不自由 | 聴覚障害 | 視覚障害 | 職業訓練 | 私立&NGO


【政府機関】

  • 女性開発・社会福祉・特別教育部門
    英語名称: Women Development, Social Welfare and Special Education Wing
    住所:  9/E Rizwan Plaza, Blue Area, ISLAMABAD
    ホームページ: http://www.pakistan.gov.pk/women-development-division/index.jsp
    政府のホームページ上では、女性開発省の下部組織として特別教育(Special Education)が位置づけられている。いわゆる普通教育は教育省(The Ministry of Education)という別の官庁が管掌している。

    2010年1月現在、社会福祉・特別教育省が設置されている。
    Ministry of Social Welfare and Special Education

  • 特別教育局 >>写真紹介
    英語名称: The Directrate General of Special Education (略称DGSE)
    住所:  Opposite Nori Hospital, Sector G8/4, ISLAMABAD
    ホームページ: http://www.pakistan.gov.pk/women-development-division/informationandservices/special-education.html
    1981年の国際障害者年の流れを受けて、1982年に特別教育(Special Education)に関する業務がそれまでの所管官庁だった教育省(The Ministry of Education)から現在の女性開発省(当時は保健・社会福祉省 The Ministry of Health and Social Welfare )に移管された。
    パキスタン全土の障害児教育(特別支援教育)ならびにNGOレベルの障害者支援活動に対しても対応する唯一の部局である。
    局長 (Directrate General of Special Education)は通称DG(ディージー)と呼ばれている。

  • パンジャーブ州政府(特別教育省)
    英語名称: Ministry of Special Education
    住所: (州政府庁舎はラホール(州都))
    ホームページ(州政府): http://www.punjab.gov.pk/
    ホームページ(特別教育省): http://www.punjab.gov.pk/SpecialEducation/index.htm
    1983年に州政府内に特別教育局(Directorate of Special Education)が設立。その後2003年には単独の所管官庁として特別教育省(Department of Special Education)が設置された。
    注目されるのは、州政府や特別教育省の予算特殊教育教員養成機関の一覧州立の特殊教育諸学校の一覧などがホームページで公開されていることである。

  • 国立特殊教育研究所 >>旧施設の写真紹介
    英語名称: National Institute of Special Education
    住所: H8-4, ISLAMABAD
    1986年に創設された特別教育局傘下の研究施設。特殊教育(特別支援教育)に関する文献の収集・研究調査などのほか、現職教員の研修コースを開設している。

  • 国立身障者病院
    英語名称: National Institute for Handicapped
    住所: G8/2, ISLAMABAD
    保健省(Ministry of Health)傘下の研究・医療施設。


    【大学】

  • アラーマ=イクバル大学
    英語名称: Allama Iqbal Open University
    住所: H-8, Islamabad
    ホームページ(TOP): http://www.aiou.edu.pk/
    ホームページ(特殊教育学科): http://www.aiou.edu.pk/departments/faculty_education_departments_special_education.htm
    1974年にイスラマバード市内に設立された総合大学。特殊教育学科は1985年に設立。

    他に特殊教育学科を設置している大学は以下の通り。

  • パンジャーブ大学(ラホール:学科紹介ページ): http://www.pu.edu.pk/departments/default.asp?deptid=24
  • カラチ大学(TOP): http://www.ku.edu.pk/index.html

    【知的障害養護学校(特別支援教育学校)】

  • ファーティマ・ジナー(またはMRCセンターと呼ばれている) >>写真紹介
    英語名称: FATIMA JINNAR Special Education Centre for Mentally Reterded Children
    住所: H8/4, ISLAMABAD

  • イブネシーナ
    英語名称: IBN-E-SINA Education Centre for Mentally Retarded Children
    住所: H8/4, ISLAMABAD


    【肢体不自由養護学校(特別支援教育学校)】

  • アル=ファラビー >>写真紹介
    英語名称: AL-FARABI  National Special Education Centre for Phisically Handicapped Children 住所: Al-Farabi Special Education Complex, Opposite Nori Hospital, G8/4, ISLAMABAD

  • アル=ガザリー
    英語名称: AL-GHAZALI Special Education Centre for Phisically Handicapped Children
    住所: イスラマバードG8-4からラーワルピンディに移転の模様
    アル=ファラビーは連邦直轄の肢体不自由養護学校、アル=ガザリーはパンジャーブ州立の肢体不自由養護学校。


    【聴覚障害養護学校(特別支援教育学校)】

  • シャーファイサル
    英語名称: SHAH FAISAL Special Education Centre for Hearing Impaired Children
    住所: plot no.27 H-9, ISLAMABAD

  • ヘレンケラー
    英語名称: HELEN KELLER Special Education Centre for Hearing Impaired Children
    住所: plot no.27 H-9, ISLAMBAD
    ※2005年2月に行われた子どもたちへのプレゼントイベントの際↑の学校が会場になりました。
    >>ブログの記録より(2005年2月)


    【視覚障害養護学校(特別支援教育学校)】

  • アル=マクトゥム >>写真紹介
    英語名称: AL-MAKTOOM Special Education Centre for Visually Handicapped Children
    住所: st#14 Near Rooh Afza Market, G7/2, ISLAMABAD
    国立の点字印刷所(National Braille Press)が併設されている。NISE(国立特殊教育研究所)はこの学校の隣(同じ敷地内)にある。


    【職業訓練センター】

  • 国立障害者職業訓練センター(略称:NTCSP) >>写真紹介
    英語名称: National Training Centre for Special Persons
    住所: Near Karachi-Company G9-2, ISLAMABAD
    1986年に設立された(DGSE=特別教育局傘下の教育機関)。15歳以上の全障害種の生徒を受け入れ職業教育を施している。2005年4月現在、イスラマバード・ラホール・ペシャーワル・カラチ・クエッタの5箇所に設置されている。1995年のパキスタン協力隊派遣開始時より青年海外協力隊員が配置されてきた。

  • 国立障害者職業リハビリテーションセンター(略称:VREDP)
    英語名称: Vocational Rehabilitation and Employment of Disabled Persons
    住所: IBN-E-SINA Center, H8-4, ISLAMABAD
    1992年に設立された(社会福祉・特別教育省傘下)。設立時にはUNDP(国連開発計画)の援助を受けている。リハビリテーションに力を入れるほか、マイクロクレジットを活用した障害者の地域就労にも取り組んでいる。


    【私立の養護学校&民間(NGO)の障害児者支援機関】

  • Hassan Academy
    住所: Aliabad, Mehrabad, Peshawar Road, Rawalpindi 
    1993年に設立された私立学校。障害(聴覚・知的・肢体)のある子どもとない子どもがともに学ぶインクルーシブ教育を実践している。
    ホームページ: http://www.hassanacademy.com/
    >>ブログでの紹介 その1 | その2

  • Sir Syed Academy
    住所: Muhammad Hussain Road, Rawalpindi

  • Chambeli Institute
    住所: 20-B, Satelite Town, Rawalpindi
    主に知的障害のある子どもたちを受け入れている私立の学校。

  • Umeed-e-Noor(ウミデヌール)
    住所: House#7, Street#72, F8-3,ISLAMABAD
    各障害の子どもを受け入れる療養施設を持つほか、学校やリハビリ部門を併設しているNGO。

  • Sunflower Academy
    住所: 34-A, Kaghan Road, F8-4,ISLAMABAD
    旧名「Early Learning Center」。F7-4から移転。

  • Care for Special Persons Foundation
    住所: House#49, Street#26, F10-1, ISLAMABAD : G9-3から移転。

  • Sir Syed Deaf Association
    住所: Suit#5&6, 2nd Floor, 12-D, SNC Center, Fazal-e-Haq Road, Blue Area, ISLAMABAD
    ホームページ: http://www.net-ngo.com/sda/
    聴覚に障害のある方を対象として、社交の場やコンピュータ教室などを開いている。
    >>手話の本の紹介(↑の会が編集・発行)

  • STEP(障がい当事者団体 自立生活センター)
    住所: House no 724 G, Street 178, G-11/1, Islamabad
    Web: http://www.step.org.pk/
    イスラマバードの障害当事者NGO。2005年4月にイスラマバード初の自立生活センターを設立した。
    >>ブログでの紹介記事(2005年4月)

  • SAAYA Association(障がい当事者団体 自立生活センター)
    住所: House # 30, Street # 28 F-8/1 Islamabad
    Web: http://www.saayaassociation.com/
    マイルストーン代表だったMr.Asim Zafarによって設立された団体。

    政府機関 | 大学 | 知的障害 | 肢体不自由 | 聴覚障害 | 視覚障害 | 職業訓練 | 私立&NGO


    初版 2003年08月 最終更新日 2005年04月26日


  • 写真:イスラマバード圏の障害児教育機関

    ktc-johnny.com(トップページ)  > パキスタンの障害者・障害児支援  >  イスラマバード圏の障害者・障害児支援機関(一覧)  > 写真紹介

    【特別教育局(DGSE)】

    特別教育局庁舎 ←特別教育局庁舎

    看板 ←看板

    【国立特殊教育研究所】

    資料室 コンピュータでの整理

    ↑コンピュータで資料の管理をしています。

    拡大器 音声装置

    ↑視覚障害の方のための各種補助装置

    【アル=ファラビー】

    看板 ←看板

    学校玄関 ←学校玄関

    【アル=マクトゥム】

    看板 学校正面

    ↑学校玄関付近

    点字を打っています。 点字

    ↑点字タイプライタで点字を打刻しています。英語・ウルドゥ語・アラビア語の3ヶ国語の点字が打てると写真の彼が話していました。

    【ファーティマジナー】
    看板 学校玄関付近

    ↑学校正面付近

    【国立障害者職業訓練センター(NTCSP)】

    学校の朝礼の様子 ←学校の朝礼

    学校の看板 ←学校の看板


    初版 2003年  最終更新日 2005年04月26日