イスラームinパキスタン一覧

سحر Sehr(セヘル:夜明け前食事)と افطار Iftar(イフタール:日没後の食事)

初稿:2004年10月23日 更新:2018年5月20日(セヘル・イフタール両方記事を合わせ、全面的に書き直し、章立て、写真追加)

はじめに

セヘルもイフタールも、イスラームの断食に関係があります。

Islamic Center Japan | サウム 断食
https://www.islamcenter.or.jp/about-islam/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%A0-%E6%96%AD%E9%A3%9F/
Wikipedia(JP) | ラマダーン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%B3

断食は、イスラームの1年(1月から12月まであります)の9月(ラマダーン、パキスタンではラマザーンと呼んでいます)に1か月かけて行われます。

こよみのページ | イスラーム暦・西暦変換
http://koyomi.vis.ne.jp/sub/islamic.htm

そのイスラーム暦(ヒジュラ暦と呼ばれています)は、1年355日くらいしかなく(太陰暦のため)、西暦の中では毎年10日ずつくらいずれていきます。
さて、今年2018年の中では、といいますと、

5月16日~6月14日ごろが、ラマダーン(ヒジュラ暦第9の月:断食月)になります。
「ごろ」と言うのは、断食月のスタートは、観測者(聖職者)が月を実際に観測できてから ということで、観測できないと1日程度ずれることがあるからです。
(断食明けの日は、イードのお祭り=休暇の関係上、数日前に決定・発表されています。)

ではセヘル、イフタールって?

セヘル・イフタール

断食は、日の出から日没まで

と、聞いたり教えてもらってきたかな、と思います。

正確には、↑の図の通り、

その日1回目礼拝「 Fajr ファジュル」の前に食事( سحر Sehr セヘル、سحری Sehri セヘリー)をとる

断食(1回目礼拝「 Fajr ファジュル」開始~4回目礼拝「 Maghrib マグリブ」終了まで)

その日4回目礼拝「 Maghrib マグリブ」終了後に食事( افطار Iftar イフタール、افطاری Iftari イフターリー)をとる

イフタール後、更に豪華な食事をとったり、街中へ買い物に出かける
翌朝、1回目礼拝から断食スタート の繰り返しになります。

セヘル・イフタール、ファジュル・マグリブ含む礼拝の時間は、日の出・日の入り時間と同様に変動します。
2018年は日中時間が長い時期に断食月が来ているので、毎日の断食の入り~終わりまでの時間は冬のそれと比べて長くなります。

断食をするかどうか、どのくらい(毎日する?時間は?)行うか、はその人に負っています。

協力隊時代、私が活動していたのは、パキスタン国立の障がい者職業訓練センターでした。
そこで私が担当したクラスでは、ラマザーン中も休憩時間(11時~)になると半分以上の生徒は家から持ってきた軽食(ローティーやプラタ)を食べていました。
もっとも、終業時間が平常14時のところ、ラマザーン中は13時とか12時に繰り上がってました。その時期は毎日半ドン(古い表現でしょうか)感覚でした。

ムスリムがマジョリティの国・地域では、個々人の実践程度の差はあれ、日中はレストランが開かない、表で飲食をする姿が絶える、という光景が見られます。
外国人、異教徒が断食を強制される、ような雰囲気はなく、私は人前で飲食はしないように(エチケット的に)気をつけた程度です。

他方、近年、酷暑期にラマザーンが来ていたこともあり、熱波+断食をしたために大勢の方がなくなるということがあります。

BBC | Why did so many die in Karachi’s heatwave?(2015年7月)
http://www.bbc.com/news/world-asia-33358705
2015年のラマザーン中にカラチで大勢の方が亡くなったことを報道しています。
無理をしないで断食をしないように、と大々的に呼びかけられたほか、街では給水所なども設置されたりしました。

”旅行者や重労働者、妊婦・産婦・病人、乳幼児など合理的な事情のある場合は、断食を免除されるなど、ひと口に「断食」と言っても、その適用範囲にはある程度の柔軟性と幅を持つ点にも注意が必要である。また、免除される者にも、後で断食をやり直す必要のある者(旅行者や妊婦、生理中の者など)とやり直す必要の無い者(高齢者や乳幼児、回復する見込みの無い重病人など)がある。”
Wikipedia(JP) | ラマダーン#断食
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%B3#%E6%96%AD%E9%A3%9F

日本各地でのセヘル・イフタール、礼拝時間の掲載サイト

Urdupoint | Tokyo Ramadan Calender
https://www.urdupoint.com/islam/tokyo-ramadan-calendar-sehar-aftar-timing.html

2018年5月19日の東京のセヘルは午前2時52分、イフタールは午後6時42分

日本各地でのセヘル・イフタールの時間を掲載したサイトです。
東京以外に数多くの地点が登録されています。

イスラムのホームページ | 国内主要都市の礼拝時間
http://islamjp.com/salat/salatschedule.htm

日本各地での日々の礼拝時間を掲載したサイトです。

سحر Sehr セヘル、سحری Sehri セヘリー(夜明け前食事:2004年10月23日)

2004年は、10月15日~11月13日ごろがラマダーン(断食月)でした。

2004年10月20日の
セヘルの時間 4:54am イフタールの時間 5:29pm でした。

2004年10月20日付ハバレーン紙より

午前3時59分撮影。セヘリーの朝食を提供する食堂(2004年10月23日撮影)

2年間の隊員活動中、2回やってきたラマザーン(断食月)。
そのうちの何日か、体験的に断食をしてみたことがありました。

1日1日の断食のことを、روزہ roza ローザと呼びます。
その日、ローザ(断食)をしようと、セヘリー(セヘル:断食をする前の食事)をとりに、家から目と鼻の先にある市場へ出かけました。

開いていたお店は2軒。
うち1軒は、しょっちゅう行っていた食堂でした。

朝4時18分撮影。プラタを焼いている。フラッシュをたかずに撮影したのでブレている(2004年10月23日)

10席ほどの小さな食堂は、満席でした。
朝4時に食事はヘビーですが、いま食べておかないと、夕方きついしなぁ。

それで、
プラタ(油で焼いたローティ)
野菜カレー
ミルクティー を注文。

店内は、いつもならついているテレビは消され、クルアーン(コーラン)の一節を朗唱するテープが流れていて、みんな黙々と食べていました。
ラマザーンの時期は雰囲気違うんだなぁ。

もう1軒、開いていたお店は・・・

午前4時18分撮影。ローティ(薄焼きパン)屋。床下に窯がしつらえてある(2004年10月23日)

それは、こちらの人の主食、ローティ(薄焼きパン)を焼くお店。
セヘル=1回目の礼拝(ファジュル)時間 が近づいていたからか、こちらはお客さんまばらでした。
あちこちの家からは明かりがもれ、ローティを焼く香ばしいにおいがほのかに漂ってきています。

食堂で食事を済ませ、ブログ原稿を書いている最中にアザーンがマスジッド(イスラーム寺院)から流れてきました。
セヘル=1回目の礼拝(ファジュル)時間(2004年10月23日は、午前4時55分ごろ)になった知らせでした。

このアザーンが聞こえてきたら、食事はおしまい。
夕方5時半ごろのイフタールまで断食ということになるのです。

افطار Iftar イフタール、افطاری Iftari イフターリー(日没後食事:2004年10月23日)

ジンナーマーケットのなじみの写真店でイフタール

セヘル(セヘリー)を食べた家近の市場以外によく通ったのは、ジナー・スーパー(ジンナーマーケット:F7エリア)でした。イスラマバードでも有数の市場です。

ここに私がいつもお世話になっている写真店がありました。

お世話になっていた写真店。(2004年10月23日)

頼まれて、職場の同僚、その子ども、生徒、知人などの写真をデジカメで撮っては、このお店でプリントアウトしていました。
2003年に利用し始めた頃は1枚10ルピー(当時20円)のプリント料が、いつからか1枚8ルピー(当時16円)になり、更に値引きしてくれたことも。
超特急(15分以内)現像も快くやってもらったりでとても親切にしてもらいました。

このお店での思い出は、ローザ(毎日の断食)明けのイフターリー(イフタール)によく混ぜてもらったことです。

イフタール前の賑わい

ジンナーマーケットにて。イフタール用のサモサやパコーラー、ジェレビーなど揚げ物を売っている(2004年10月23日)

イフタール用のジェレビーを揚げている(2004年10月23日)

この時、その日のイフタール(午後5時半)まであと30分。
マーケット内のあちらこちらで、サモサやパコーラー(野菜てんぷら)を売る臨時の出店が繁盛していました。

イフタール直前、パキスタンの街での往来は気をつけて!
お腹を空かせた人たちが、一刻も早く家に着きたい!イフタールに間に合いたい!と猛スピードで車を走らせ、衝突事故・自損事故を起こすことがあるからです。
(緑に囲まれ、穏やかな雰囲気のイスラマバードですが、隊員時代、そうした事故を何度か目撃しました。)

賑わう出店を見ながら、なじみの写真展にお邪魔しますと、イフターリーの準備を店の奥でやっていました。

新聞紙をひろげ、果物を一口大にカットしています。

↑ちょうど、りんごやバナナ、メロンを一口大にカットしているところでした。
世間話をしながら、イフタールの時間を待っていると続々と他の店の人たちもやってきました。

イフタールの準備は整いました。

サモサ(手前)や果物(奥)がたっくさん並べられています。(2004年10月23日)

後でばざっと捨てられるように新聞紙を敷いた上には、
サモサ
パコーラー(野菜てんぷら)
ジェレービー(甘蜜に浸した揚げ菓子)
ローティ(薄焼きパン)
一口大に切られた果物(カジュール(デーツ)は必須)・・・など、たくさん並べられていました。

アザーンが流れ、祈りの後にイフタール

午後5時半。
マスジッドから、アザーンが流れてきました。イフタール(=4回目の礼拝:マグリブ)の時間です。

このように、両手を本を持つような格好にして祈りをささげます。

このように、両手を本を持つような格好にして祈りをささげます。

めいめいが神の偉大さや感謝のことばを述べながら祈りをささげます。

その後に、断食明けの食事が始まります。
初めに、カジュール(デーツ・・なつめやしの実)を1粒、噛みしめるように食べます。
その次は、バナナやりんごといった果物をゆっくり食べます。12時間以上何も入れてなかった胃にやさしくしながら、ということですね。

カジュール(デーツ)。毎日のイフタールには欠かせない(2004年10月)

その後は、サモサやパコーラーをいただきました。私、この日は完全なローザ(断食)でしたので、どれもがとっても美味しく感じられました。

美味しかった!おもてなしカレー

で、この日は私のために、と、お店の方が家からごはんとカレーを作って持ってきてくださいました。

わたし用にカレーを皿に盛ってもらう(2004年10月23日)

ダール(豆)入りのごはんにチキンカレーをかけています。マジで美味かった!(2004年10月23日)

この、ごはん+チキンカレーがとっても美味しかった!

パキスタンでは、お店で絞めた新鮮なニワトリを使うからでしょうか、チキンの料理はとっても美味しいです。
それと、私のためにわざわざ家から作って持ってきてくださった親切に感謝感謝です。
パキスタン料理は、高級なレストランで食べるのも美味しいですが、なんていっても大衆食堂や家庭で作られるヤツが素朴で美味しいと感じます。

パキスタンに来たころは香辛料があわなくておなかを壊したものでしたが、慣れた今はとっても美味しく感じます。

イフタール後の賑わい

イフタール30分後(この日は午後6時)のジンナーマーケット(2004年10月23日)

30分ほどかけて美味しくいただいたあと、店の外へでてみると外は夕闇がせまるころあいでした。
まだ半分くらいのお店はイフタール中のようでシャッターがおりていましたが、この後1時間もすれば駐車ができないくらいの車が押し寄せることになります。

イード直前のお店(イスラマバード:2013年8月)

ラマザーン(断食月)も終盤になり、イードが近づくと、↑のようにデコレーションするお店が見られるようになります。
イフタール後の街中は大勢の買い物客で、深夜12時1時まであふれます。

写真屋さんたちとイフタールその後

Youtube | Iftar with my Pakistani friends @ 2010

時は流れて2010年。
この年もイフタールをこの写真屋の方たちと一緒にする機会がありました。その時の動画です。

2013年もイフタールをご一緒に(2013年8月)

2013年、ラマザーンは7月~8月になっていました。
この時期もイスラマバードに来ることができ、写真屋のみなさんとイフタールができたのでした。


عید کارڈ Eīd Card(イード祝いカード)

初稿:2004年11月12日 更新:2018年5月19日(写真追加・加筆)

ネットでDL イードカード・デザイン(2018年5月)

今年、西暦2018年は、6月14日ごろに断食月明け~イードを迎えます。
その前に、イスラームのお友だちにイードカード、メッセージを送るなんていかがでしょう?

本項、2004年の初稿時は日本の年賀状と同じような、紙ベースのイードカードをご紹介していました。
いまは、SNSの時代。ムスリムのお友達がいらっしゃったら、Facebookやインスタなどではイード前になるとお祝いモードのタイムラインになっているのではないでしょうか。

断食月明けのお祝いは、

عید مبارک Eid Mubarak イード・ムバーラク(イードおめでとう)です。

Canon | Creative Park
http://cp.c-ij.com/jp/categories/CAT-ST01-5488/index.html

ラマザーン・ムバーラク、イード・ムバーラク各2種計4枚のカードデザイン(PDF)がダウンロードできます。

試しに eid mubarak 2018 free で画像検索すると、ものすごい数の、素敵なデザインがヒットしますね。

Google 画像検索 “eid mubarak 2018 free” 結果
https://www.google.co.jp/search?q=eid+mubarak+2018+free&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwju5Kbwo5DbAhWGnZQKHcfrDUQQ_AUICigB&biw=1920&bih=917

イードは、イスラーム年2回のお祭り

イスラーム暦第9の月「Ramazan ラマザーン(ラマダーン:断食月)」が終わると、عید Eid イードと呼ばれるお祭りが始まります。

イードは、
① 断食月(9の月:ラマザーン)明けの چھوٹی عید Chotī Eīd チョーティ・イード(小イード)
アラビア語で イード・アル・フィトル عيد الفطر Eid ul-Fitr

② 巡礼月(12の月:ズルヒッジャ)10日から4日間の بڑی عید Barī Eīd バリー・イード(大イード)、犠牲祭とも言われます。
アラビア語で  イード・アル・アドハ― عيد الأضحى Eid ul-Adha

の2回あります。

Choti Eid 小イード : Islam イスラム教(5)
/islamic04.html
Bari Eid 大イード : Islam イスラム教(7)
/islamic05.html

こよみのページで計算してみた

こよみのページ
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/sub/islamic.htm
での計算によれば、

2018年 小イード(断食月明け) 6月14日ごろ~  大イード(犠牲祭) 8月23日ごろ~
2019年 小イード 6月4日ごろ~   大イード 8月13日ごろ~
2020年 小イード 5月23日ごろ~  大イード 8月1日ごろ~

になる予定です。西暦(太陽暦:約365日/年)とヒジュラ暦(イスラーム暦:太陰暦:約355日/年)の違いにより、西暦中では毎年イスラームの暦はずれていくことになります。

イードカード販売(2004年10月)

さてさて、ラマザーン(イスラーム暦の9月)も序盤をすぎると、街のあちこちで来るイードを祝うためのカード「イードカード」を売り出す屋台があちらこちらに現れます。

2004年は、11月13日ごろ~ 断食明け~小イードでした。

断食月が始まるときも「ラマザーン ムバーラク!(断食始まり おめでとう!)」と祝うのですが(ちょっと日本人にはわかりづらい感覚ですがねぇ)、断食月が終わり、イードが始まるときにもお祝いします。
日本のお正月と感覚が似ていますね。
イードをお祝いする意識と規模は、お正月を凌駕したんじゃない?と思うくらいすごいものがあります。

イードを迎える前に、送るのが「 عید کارڈ Eīd Card」です。

イードカード販売コーナー(イスラマバード:2004年10月)

↑こうした急造のテントを設置してイードカードを陳列・販売しているようすをあちらこちらでみかけます。

イードカード展示・販売コーナー(2004年10月)

いろいろなデザインのカードが並んでいます。
2004年当時のイスラマバードでは、1枚10ルピー(当時20円)~100ルピー(当時200円)の価格幅でいろいろなカードが売られていました。

定番:花柄カード(2004年10月)

↑ベーシックな花柄のカードは多く売られていました。

イスラームらしいデザイン(2004年10月)

↑イスラームな雰囲気のカード。カードには「Eid Mubarak(イード ムバーラク=イードおめでとう)」と書かれていますね。

キャラクター人形をあしらったイードカード(2004年10月)

↑こうした女性をターゲットにしたかわいいデザインのカードはとてもたくさん売られています。
パキスタンはイスラームの国ですが、旧英国領でもあり、英語が結構話されて欧風文化もある程度根付いていますから、こうしたカードが売られているのはごく普通の雰囲気なんですよ。

で、・・・・これです。

ミッキーとミニー?(2004年10月)

ビミョーにヘンな描きっぷりになった「ミッキー&ミニーマウス」のイードカード。
子どもを意識したカードなんでしょうね。
でも、これ絶対ディズニー社の承認はとってないよなぁ。

イードカードをもらった(2004年11月)

イード1週間前になってから、イードカードを何枚かいただきました。

生徒からもらったイードカード(2004年11月)

別の生徒からもらったイードカード(2004年10月)

協力隊活動中、勤めていた学校の生徒からもらったイードカードです。
感覚は日本の年賀状と同じで、子どもたちも気軽にこうしたカードを送っていました。

ラホールの障害当事者団体マイルストーンからのカード(2004年10月)

マイルストーンからのイードカード(2004年10月)

↑ラホールの障害当事者団体「マイルストーン」のみなさんからのイードカード。

Milestone – Society for the Special Persons
http://www.milestone.pk/

マイルストーンさんのように、オリジナルデザインで印刷したものを送ることも一般的です。こういうところも、年賀状と似ていますね。

2004年当時、ラマザーン(断食月)の20日目までに出せば、パキスタン国内「イード」郵便は4ルピー(8円)で配達されました。

2018年現在は、SNSでイードメッセージを送ることも一般的ですね。



Islamic Name, Muslim Name:パキスタンのムスリムネーム

イスラームの教えとは? | イスラームの暦マスジッド(寺院) | ラマザーン(断食月) | 小イード | ハッジ(巡礼) | 大イード | イスラミックな名前

初稿:2005年6月28日
最終更新:2018年5月18日(タイトルに「パキスタンの」追加、リンク追加・加筆・内容再構成)

はじめに(2018年5月18日)

本項、お子さんの名づけの参考などのためでしょうか、よくこのページを御覧いただいているようです。ありがとうございます。
本項は、パキスタンでのムスリムネームについて、パキスタンで見聞したことがらとネット・文献資料をもとに書かせていただいております。
聞きかじりの乏しい内容です。参考となること、記述の間違いがありましたらお教えいただければ幸いです。

ムスリムネーム検索・主な名前・部族名など一覧

ムスリム・ムスリマ名辞典(日本語)

ムスリム・ムスリマ名辞典
http://islamjp.com/name/ziten.cgi

ムスリム(男性)、ムスリマ(女性)のムスリムネームについて、みんなで投稿しデータベース化しているサイトです。とても詳しく、参考になります。

171個のムスリムネーム紹介:Muslimname.com(英語)

Muslimname.com
http://muslimname.com/

171個のムスリムネームについて、読み(英語・アラビア語)・その名前の意味を英語で紹介しています。

パキスタンの大手ポータルサイトでの名前検索 | Hamari Web(イスラーム・ヒンドゥ・クリスチャン含)

Hamari Web | Name
http://hamariweb.com/names/

Hamari Web ハマリ・ウェブ(私たちのweb)はパキスタンのポータル(総合情報)サイトです。
そのコンテンツのひとつが、ムスリム・ヒンドゥ(パキスタンにもシンド州を中心に相当数のヒンドゥー教徒の人たちが住んでいます)・クリスチャンネーム紹介です。
たとえば、女性の名前では一番多いと思われるアーイシャ(Aisha, Ayesha)で調べると、

Hamari Web | Name | Ayesha
http://hamariweb.com/names/muslim/arabic/girl/ayesha-meaning_5830

と出てきました。英語、ウルドゥ語で意味が書かれ、ウルドゥ発音も聴けます。
SNS的にLIKEボタンや書き込みもできるようになっています。

パキスタンの一般的な男女の名前一覧(ウィキペディア:英語)

Wikipedia(EN) | Pakistani Name
https://en.wikipedia.org/wiki/Pakistani_name

後の「ムスリムネームの付け方」でご紹介しているウィキペディアのページです。
中段に、パキスタンでの一般的な男女の名前(given name)についての一覧があります。
そのほぼ全部にリンクが張られ、英語でその名前の意味などが説明されています。

ムスリムネームの付け方(パキスタン)

参考:アラブ人名の由来と正しい呼び方(ジェトロ・リヤド事務所編)

参考となる日本語資料として、ジェトロ・リヤド事務所編集の「アラブ人名の由来と正しい呼び方」があります。
日本貿易振興機構(ジェトロ)| アラブ人名の由来と正しい呼び方(PDF)
https://www.jetro.go.jp/ext_images/world/middle_east/sa/others/pdf/name.pdf

13ページからなる詳しい資料です。本項に関係のある内容をご紹介すると、

アラブ人の男性の名前は通常単一の語から成るか、2語あるいは3語が繋がってできた名前のいずれかです。女性名の場合は、ごく少ない例外を除いてほぼ単一の語から成っています。(2ページ)

アラブ世界の人々の名前には元来は「姓」というものがなく、本人名の後に父名、祖父名を列記するのが基本です。これは男女ともに共通しています。(2ページ)

ムスリム(モスレム、回教徒)のアラブ男性の名前には預言者ムハンマド(俗にいうマホメット)の名前そのもの(Muhammad)とか、預言者の子孫や係累の名前(Ali、Hussain)、アッラーの神や善を称える言葉(Ahmad、Hamad、Sultan)等々、もともと信仰や宗教と直接結びついたものが多いのですが、とくに3語から成る名前(Abdulkareem、Abdulrazzak、Abdulrahman など)がそうです。
但しムスリム女性の名前については、”Fatimah”(預言者ムハンマドの娘の名)”Khadijah”(預言者ムハンマドの最初の妻)などごく少数の例外を除き、宗教に結びつく名前はあまり多くありません。 (5ページ)

エジプト、シリア、パレスチナのように何世紀にもわたってムスリムがキリスト教徒と、ユダヤ教徒など数多くの異教徒達と混じり合って住んできた社会にあっては、自分が敬虔なイスラームの徒であることを自ら明示するために、本来の自分のファースト・ネームの頭に預言者ムハンマドの名をくっつけてひとつの名とする呼び方が時に行われます。これは『複合名』と呼ばれます。 (6ページ)

日本貿易振興機構(ジェトロ)| アラブ人名の由来と正しい呼び方(PDF)
https://www.jetro.go.jp/ext_images/world/middle_east/sa/others/pdf/name.pdf

参考:パキスタン人の名前(ウィキペディア英語版)

また、ウィキペディア(英語版)に「パキスタン人の名前(Pakistani Name)」と題した項目があります。
Wikipedia(EN) | Pakistani Name
https://en.wikipedia.org/wiki/Pakistani_name

この項には次のように記されています。

Given names
Since the Muslim conquest of the Indus Valley, the majority of Pakistani given names are derived from Persian, Arabic and Turkish names. Children may be given one, two or rarely three names at birth. If the person has more than one given name, one of them is chosen as the person’s most called name, by which he is called or referred to informally. Generally for males, Muhammad, the name of the prophet of Islam, is chosen to be the person’s first given name, if he has more than one. Because of the prevalence of this practice, this name is usually not the person’s most called name, as it does not serve as a unique identifier. Females are usually given at most two names.

(管理人試訳)名前(ここでは姓名の「名」)
イスラーム勢力のインダス川流域征服(註:早くはウマイヤ朝、続いてガズナ朝や、デリー=スルタン朝、ムガール帝国)以来、パキスタン人の大半の名前はペルシャ・アラビア・トルコ人名に由来している。子どもは生誕時に1語ないし2語(まれに3語)の名前が名付けられる。
2語以上の名前を持つ場合、そのうちのひとつが普段の呼び名となる。
一般的に、2語以上の名前を持つ場合、イスラームの預言者であるムハンマド Muhammad の名を最初に置いている。(ただし)そのムハンマドはその人固有を指すものではないから、普段の呼び名とはならない。
女性は通常2つの名前が名付けられる。

Surname
Unlike the practice in Western countries, and other countries with predominant European influence, there is no one way of writing a full name in Pakistan. The most popular convention is to append the most called given name of the father to the person’s given names. Often, if the person has more than one given name, his full name consists only of his given names. Another convention is to prefix the person’s given name with a title, which is usually associated with his tribal ancestry. Due to western influence, appending rather than prefixing titles to given names is becoming more common. One notable exception is the title Khan, common in people of Pashtun origin, which has always been appended rather than prefixed to given names. There are several titles used in Pakistan and other Muslim countries. Syed, Shaikh, Khawaja, Pasha, Mirza etc. are common. Less commonly, the tribal name itself is appended to the person’s given names. For females, tribal names or titles rarely figure in the person’s full name (although this is becoming more common due to Western influence). Instead her full name would be composed of her given names only, or if given only one name, her given name appended with her father’s most called name. After marriage, the full name would be her most called name appended with her husband’s most called name. In official documents, a person’s identity is established by listing both the person’s full name (however they may write it), and their father’s. For married women, the husband’s name might be used instead of the father’s. Official forms always contain fields for both names, and they are used together as A son/daughter/wife of B on ID cards, passports, diplomas, in court, etc. The problem with these naming conventions is that it is difficult to trace back family roots. Many Muslims have settled in Western world and this naming convention creates some problems as a father will have a different surname or family name from his children.

(管理人試訳)姓・名字(←厳密には名称・部族名・父親祖父の名前)
西洋・ヨーロッパ諸国と異なり、パキスタンにはフルネームの書き方が定まっていない。
最も普及している書き方のしきたりは、父親の名前(father’s given name)を子どもの名前に付けくわえることだ。複数の名前(given names)を持つ場合、その名前だけでフルネームを構成することがよくある。
別のしきたりは、その人の部族名にちなんだ名称(title)を名前の頭に付ける(接頭辞:prefix)ことだ(例:Haji-、Mir-)。
(ただし)西洋の影響で、接頭辞よりも、特定の名称(title)を名前の後に付け加えることが一般的になってきている。特筆されるのは Khan カーン。パシュトゥン系の人の名前には必ず(Khanが)接頭辞ではなく、名前の後ろに付け加えられている。パキスタンやいくつかのイスラーム国家では、Syed サイヤッド、Shaikh シェイク、Khawaja カワジャ、Pasha パシャ、Mirza ミルザといった名称(titles)が一般的だ。また、あまり一般的ではないが、部族名そのものを名前(given name)に付け加えることがある。
女性の場合、部族名や名称が名前に付けくわえられることはほとんどない(が、西洋の影響で次第に取り入れられるようになってきている)。女性は(男性のような名称込みの)フルネームの代わりに名前(given names)のみで呼ばれるが、もし名前が1つだけの時はその女性の父親の最もよく呼ばれている名前(father’s given name)が付け加えられる。結婚した女性のフルネームは、最もよく呼ばれる名前(given name)に夫のよく呼ばれる名前(husband’s given name)が付け加えられたものになる。
公文書において、本人のフルネーム+父親のフルネームの列記で本人が認証されるが、結婚したあとの女性については父親の代わりに夫のフルネームを記すことになる。
そうした両名列記は公式フォームの記載事項に含まれ、IDカード、パスポート、卒業証書、裁判所での審理などではそれに併せて「~の息子」「~の娘」「~の妻」と記載・呼称される。
こうした名前の付け方のしきたりについて問題なのは、(西洋のそれと異なり)家族のルーツをさかのぼることが難しい点にある。
西洋に多くのムスリムが住むようになると、(西洋と従来との名前の付け方の違いから)父親が子どもとは異なる名前(surname and family name)を持つ場合があるということである。

Wikipedia(EN) | Pakistani Name
https://en.wikipedia.org/wiki/Pakistani_name

まとめるとこうなります

パキスタンでの名前について: 西洋・日本の姓名の付け方や考え方と異なり、フルネームの付け方にバラエティがある。

・男性の名前(given name)は、1語~2語(まれに3語)
 2語である場合、最初に Muhammad ムハンマドがつけられることが多い、ただし通常の呼び名はもう一つの語になる。
 名前(given name)+父親の名前(father’s given name)が最も普及するフルネームの方法だが、複数の名前(given names)がある時は、それだけでフルネームを構成することもある。
 接頭辞(prefix)や名称(title)、部族(tribal)名・が名前に付けられることがある。パシュトゥン系の人には必ずKhanが付けられる。
付記:ファミリーネーム・一族(clan)名が付けられる場合もあるかと思います。

参考 パキスタン | 部族(tribal)名・一族(clan)名一覧
List of Pakistani family names
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Pakistani_family_names


・女性は名前(given name)のみで呼ばれることも多いが、名前が1語だけの場合、父親のよく呼ばれる名前(father’s given name)が付け加えられることがある。

 結婚をした女性は、父親の名前の代わりに夫の名前をが付けくわえられる。
 男性のように部族名や名称が名前につくことはなかったが、西洋の影響で次第に取り入れられつつある。

・公文書では、本人フルネーム+父親のフルネームを列記することで本人認証される(結婚女性は本人フルネーム+夫のフルネーム)。
・IDカード、パスポート、卒業証書、裁判所での審理などでは、加えて「~の息子」「~の娘」「~の妻」と記載・呼称される。

主なムスリムネームとその意味

男性の主なムスリムネーム

Arshad アルシャッド : 最も正しく導かれた者、最も道理にかなった。
Ali アリー : 気高い、崇高な、著名な、卓越した、名誉な、 預言者 Muhammad ムハンマドの娘 Fatima ファーティマ の夫です。
Akbar アクバル : 偉大な、広大無辺な、 Allah-hu-Akbar アッラー・フ・アクバル は「神(アッラー)は偉大(アクバル)なり」という意味です。
Faisal ファイサル : 審判、判断を下す者、決断力のあるもの、
Aziz アジーズ : 強力な、強い、最も尊ばれた、
Hasan ハサン, Hassan ハッサーン : ハンサム、美しい者、素敵な容姿、
Husain フサイン、フセイン : 美しい、 Ali アリー(預言者 Muhammad ムハンマドの第4代後継者)の2番目の息子の名前です。
Imran イムラーン : 注意深く礼儀を遵守する者
Rashid ラシード : 賢明な、思慮深い、正しく導く者、
Saadat サーダット : 繁栄、幸福 故サダト大統領(エジプト)の Sadat サダトと同じです。
Wikipedia(JP) : アンワル・アッ=サーダート
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%83%EF%BC%9D%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%88
Saeed サイード : 幸運、由緒のある、威厳のある
Shafiq シャフィーク : 情愛深い、憐れみ深い、温かい心を持った
Tahir ターヒル : 高潔な、純粋な、信心深い、謙虚な

女性の主なムスリムネーム

Ayesha アーイシャ : 活気のある、裕福な、繁栄している 預言者 Muhammad ムハンマドの夫人の名前です。
Noor Jahan ヌール・ジャハーン : ヌールは「光」、ジャハーンは「世界、世」で「世の光」という意味です。
Jamila ジャミーラ : 美しい、エレガントな、 Jamil ジャミール の女性形。
Munira ムニラ : 光、輝き、聡明な、Munir ムニール の女性形。
Naima ナイーマ、ナイマ : 幸福な、安穏な、心地好い、Naeem ナイーム の女性形。
Nasim ナシーム : そよ風、ここちよい風、新鮮な風、良い香り。
Rabia ラビア : バスラ(現イラク)に住んだ聖者の名前、「4番目の」という意味もあります。
Rukhshana ルクサーナ : 輝き、光り輝いている。
Uzma ウズマ : 偉大な、より壮大な、より栄えある、 Azam アザム の女性形。
Yasmin ヤスミーン : パキスタンの国花 Jasmin ジャスミン の意味です。

有名なムスリムネーム例

Muhammad Ali Jinnah(建国の父ジナー)

ジナー

ジナー

Wikipedia(JP) : ムハンマド・アリー・ジンナー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC

Wikipedia(EN) | Jinnah Family
https://en.wikipedia.org/wiki/Jinnah_family

パキスタン建国の父 Muhammad Ali Jinnah ムハンマド・アリー・ジナー
偉大な父という意味の قائد اعظم‬ Quaid-e-Azam カーイデ・アーザムという尊称を頭につけることが普通ですので、
Quaid-e-Azam Muhammad Ali Jinnah カーイデ・アーザム・ムハンマド・アリー・ジナー と完全な名称で呼ばれるか、
Quaid-e-Azam カーイデ・アーザム と尊称だけで呼ばれるかのどちらかが多いです。

1番目 Given Name(名):ムスリムネーム Muhammad ムハンマド
2番目 Given Name(名):ムスリムネーム Ali アリー
3番目 Family Name(一族名): Jinnah ジナー

となります。1番目、2番目の名前イスラームにちなんだ名前をつけています。
Given Name(名)が複数ある場合、1番目に Muhammad ムハンマドと名付けられることが多いです。
Muhammad ムハンマドとはイスラム教を興した人物。世界史の授業ではマホメットと紹介されていますね。ムハンマドを和訳したときにマホメットに置き換えられたようです。ですから、パキスタン人にマホメットって言っても通じません。
Muhhamad ムハンマドに、ほめられた、称賛された、という意味があります。

※ Mian Muhammad ミアン・ムハンマド という風にMuhammadの前にさらに名前がつくこともあります。
例:Mian Muhammad Nawaz Sharif (シャリーフ元連邦首相)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95

※(例)パルヴェーズ・ムシャラフのように1・2番目が合わさって1つの(名:パルヴェーズ)になり、(姓:ムシャラフ)との2つの組み合わせになっている人も多いです。
※ 地域(シンド州など)によっては、今もカースト名(例:Batthi バッティ Kaka カカ)が付けられていることがあります。

Pervez Musharaff(ムシャラフ元パキスタン大統領)

ムシャラフ元大統領

ムシャラフ元大統領

Wikipedia(JP) : パルヴェーズ・ムシャラフ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%95

Wikipedia(EN):Musharraf (ファミリーネーム)
https://en.wikipedia.org/wiki/Musharraf_(name)

1番目 Given Name(名):ムスリムネーム Pervez パルヴェーズ
2番目 Family Name(一族名): Musharraf ムシャラフ

元パキスタン大統領の Gen.Pervez Musharaff パルヴェーズ・ムシャラフ(退役)大将
Parvez パルヴェーズもMuslim Nameのひとつで、勝利を得た、幸運な、という意味があります。
ある時期までは名前の意味どおりのポジションに彼はいたのかもしれませんね。

Hamid Karzai(カルザイ元アフガニスタン大統領)

カルザイ大統領

カルザイ元大統領

Wikipedia(JP) : ハーミド・カルザイ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%82%A4

Wikipedia(EN):Karzai (アフガニスタンで使われるSurname 姓のひとつ)
https://en.wikipedia.org/wiki/Karzai_(surname)

1番目 Given Name(名):ムスリムネーム Hamid ハーミド
2番目 Surname(アフガニスタン由来): Karzai カルザイ 

Afghanistan アフガニスタンの Hamid Karzai ハーミド・カルザイ元大統領です。
Hamid ハーミド もMuslim Nameで、神の称賛、といった意味があります。パキスタン人でもハーミドを名乗る人は少なくないですね。
アフガニスタン(ダーリ語)・パキスタン(ウルドゥー語)と話される主な言語は異なりますが、こうしたMuslim Nameは共通なんですね。

Usama bin Ladin(ウサーマ・ビン・ラーディン)

Usama Bin Ladin

Usama Bin Ladin

Wikipedia(JP) : ウサーマ・ビン=ラーディン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3

Wikipedia(EN):Bin Laden(ビン・ラーディン 一族名)
https://en.wikipedia.org/wiki/Bin_Laden_(disambiguation)

彼のフルネームは
ウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン
Usāma bin Muhammad bin ʿAwad bin Lādin
です。
アラブ人の名前の付け方は複雑なようです。
先にご紹介したジェトロの資料などをご参照ください。

日本貿易振興機構(ジェトロ)| アラブ人名の由来と正しい呼び方(PDF)
https://www.jetro.go.jp/ext_images/world/middle_east/sa/others/pdf/name.pdf

アルカイーダの指導者だった Usama bin Ladin オサーマ・ビン・ラーディン です。
Usama ウサーマ と発音するのがMuslim Name的に正しいこの名前もMuslim Nameです。
勇敢な者、預言者ムハンマドとともに歩む者、といった意味です。

さいごに

ムスリムネーム、イスラミックネームは日本人には馴染みのない名前ですが、その名前ひとつひとつの意味を調べてみるとそれぞれに歴史や思いがこめられているなぁと感じます。
宗教・人種・国籍に関係なく、いずこの国でも子どもの名前をつけるときはいろいろな願いをこめてつけるものだなぁと思いますね。

参考文献・サイト

A Dictionary of MUSLIM NAMES, edited by Prof.S.A.Rahman, Goodwordbooks(New Dehli, India), 2003.
ウィキペディア(日本語版) http://ja.wikipedia.org/

イスラームの教えとは? | イスラームの暦マスジッド(寺院) | ラマザーン(断食月) | 小イード | ハッジ(巡礼) | 大イード | イスラミックな名前