イスラマバード警察音楽隊

2012年8月12日追記:

Youtubeにイスラマバード警察音楽隊の演奏をアップしてくださった方がいました。
YouTube Preview Image

そうそう、こういう感じの演奏でした。懐かしいなぁ。


2005年4月23日追記:

以前国立図書館に行ったとき、書架に「パキスタン国歌」のブラスバンドスコア&パート譜が置いてあるのを見つけました。

Pakistan’s National Anthem : パキスタン国歌(吹奏楽版)

クラシックや吹奏楽とは無縁そうなこの国にもブラスバンドがあるんだろうと思っていましたが、2005年春に警察の主催するイベントに行ったとき歓迎演奏をしているブラスバンドを実際に見ることができました。
私も中学生から吹奏楽をやってきていたので、「おぉ~この国にもブラスバンドはあるんやなぁ」と親近感の湧きうれしく思ったものでした。
イスラマバード首都圏警察が障害児たちを招いてイベントを行い、その折りにブラスバンドが歓迎演奏を行ってくれた様子を写真に収めました。

入場する楽隊
音楽隊(ブラスバンド)は
トランペット4
ユーフォニウム(またはアルトホルン)1
クラリネット5
打楽器4
の10数名編成のようです。

演奏する楽隊
演奏する楽隊メンバー。
西洋の曲は聴いたことがありません。
国歌のほかはこちらの民族音楽やポップスなどのようです。
こちらでJICA職員の方が結婚式をなさったときにも来られていましたが、そのときは「四季の歌」を演奏していました。

指揮をする隊長さん
指揮をする楽隊の隊長さん。
西洋風に3拍子4拍子で指揮をしていました。

金管パート
演奏する金管パート。
みたところ、トランペットというよりはコルネットのようにも見えます。

楽器を演奏する隊員
結構間近に楽器を見たのですが、メーカー名はわかりませんでした。
楽器の手入れはきちんとされているようで、きれいに磨かれ、ヘコミなどは無いようでした。

木管パート
木管パートの隊員たち。
イスラマバードには楽器屋さんが1軒あります(ジンナーマーケット内)が、
クラリネットが売られているのは見た事がありません。
・・・リードとか、消耗品はどうやって調達しているんだろう。

打楽器パート
打楽器パートのメンバー。
楽隊の隊員はみたところ30歳代以上の人がほとんどのようです。
このあとも何度か演奏の様子をみさせてもらっています。
上手だと感じる人はいないですが、暗譜もできているようできちんと吹けているように感じました。

それにしても、学校教育に音楽の授業が無いこの国でドレミファソラシドを覚えるのだってすごい一苦労だったろうと思います。

弦楽団の演奏
同じ日のリフレッシュメント(軽食+ジュースをいただく)の時に演奏していた弦楽団。
奥の楽器はシタールという楽器です。


初版&最終更新日 2005年04月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です