CBSHOD : 障害当事者団体の育成プログラム

【9月27日追記】
CBSHODでの写真

↑9月26日の閉会セレモニーでの来賓の紹介(日刊紙Nation)より
5日間の日程を終え、CBSHODは無事終了しました。26日(月曜日)の閉会セレモニーには、上院議長、社会福祉・特別教育相、宗教相などそうそうたる方がお出でになり会場は報道陣や参加者でごったがえしていました。
この席上、ジャラール社会福祉・特別教育相は次のような発表を行いました。

  • 障害者(聴覚障害者)の方に自動車免許を交付できるよう検討中であること。
  • 障害者の公務員雇用枠(総体の2%)が実行されているかの検証(特別チームの編成)

    パキスタン日刊紙DAWN(WEB版) → エキサイト翻訳

    今日(27日)に会場となったホテルに行ってみますと、参加されていた外国の方々がパキスタンの参加者の方と名残を惜しんでいる姿が見られました。
    こうした交流がずっと続くことを祈りつつ、これまで数ヶ月の間、必死に準備をされてこられたマイルストーン・STEPはじめパキスタンの障害当事者のみなさんに深く敬意を表したいと思います。

    関連記事 http://www.ktc-johnny.com/cbshod2005.html

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です