フリー写真家のTORAですw@パキスタンの新聞に掲載されちゃいました(2)

今日から学校が始まりました。
今日は9名(17名中)の出席でした。
今日から何人かの生徒と新しい課題に取り組み始めました。
それは、アイスキャンデーの棒を使ったペン立てづくりです。
バザールに行くと500グラム(ざっと300本くらいはいっているでしょうか)で20ルピー(40円)でキャンデー棒の袋を買うことができます。


それに木工用ボンドをつけて重ねていく作業をくりかえします。
(写真は後日、ここにアップします)

材料が安いことと、作業工程がシンプルなので毛糸のマット織りの作業よりも目を配りやすく、生徒も取り組みやすいようです。
ちょっと寝坊してしまい、9時過ぎに出勤したのですが、それから2時まではちょっとした休憩をはさんでフル活動でした。
1人で見れる子どもはやっぱり10人が限界ですね。
ホントはもっともっとマンツーマンで見てあげたい子どもたちばかりなんですが・・・・。

仕事が終わると、JICA事務所へ。
雨で壊れてしまった携帯電話を新しいものに交換するためです。
でも、この国はインシャッラー(神がお望みであれば)の国、約束の3時に業者は現れず、やってきたのが1時間後の4時。
交換費用は遅れてきた罰金でチャラにしちゃうよ!と業者さんに言うと苦笑いしていましたが。
しかし、1年半も生活すると、1時間2時間遅れってそれほど気にならなくなるんだ・・・あー日本に社会復帰できるか(笑)

事務所にいたときに、よも先生(JICA職員)から昨年暮れに参加した障害者支援シンポジウムの新聞記事を見せていただきました。
英字紙・ウルドゥ字紙あわせて10紙近くが報道していました。さすが情報大臣と連邦議会担当相が来ただけのことはあるなぁ。
で、その中の何紙かは写真入で報道していました。
そして、見ると私が表彰されている写真を発見!
写真のキャプションを読むと”JICAのフリーフォトグラファー、「ミツアルチ トラ」さん”と書いているではありませんか(笑)
記者さんどういうところから情報を仕入れたのかわかりませんが、私がパチパチ写真を撮っているのを見て写真家だと思ったのかもしれませんね。
ま、TORA(トラ)っていうのも案外いいかもなぁと思ったりしていました。

→”TORAさん”の新聞記事のご紹介(後日追加しました)

※活動終了予定(2005年7月12日)まで、あと189日となりました。もともと筆が遅いので定評の私ですが、これから隊員活動終了までのラスト半年の様子をできるだけアップしていきたいと思います。
やっぱり2年目からが本格的に活動できるって感じだなぁ・・・と思っているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です