Eadi (イーディー:お年玉)

11月13日(土曜日)~20日(土曜日)までお休みをもらいました。
前半はイードのお祝いにお呼ばれしたり、地方を小旅行したり。
後半はラホールへ行き、障害者自立生活についてのセミナーに参加するためです。

で、昨日(13日:土曜日)も学校はあったのですが、後でゆっくり行こうとかな~り遅くまで寝ていました。
すると、うちのクラスの相方のシーミー先生から電話がかかってきたのでした。
「はやく、学校にいらっしゃい!」

ま、そんなわけで、えっちらおっちらと学校にいってみますと・・・!

なんと、シーミー先生からのイーディー(お年玉)でした。

↑なんとシーミー先生が私のためにお年玉を用意してくれていたのでした。

  • ラマザーン後のイード(お祭り)の時期、大人から子どもにお金や服をプレゼントしたりします。これをイーディーと呼んでいます。
  • ちなみにシーミーさんとこからは昨年もイーディーをいただきました。
    2003年11月のパキスタン日記 ←11月27日の日記参照

    ・・・で袋をあけてみますとびっくり!!

    素敵な刺繍入りの服でした。

    ↑きれいな刺繍が入ったシャルカミ(シャルワーズ・カミーズ)でした。
    何でも、シーミーさんと旦那さんがどんなデザインにするか考えたそうです。
    イードが終わった翌週、シーミーさんとこの長女の結婚式が1週間に渡って行われます。
    そのときにいただいた服を着ていってお祝いしないとなぁ・・・と思っています。
    ちなみにいただいたシャルカミは私が仕立ててもらったどれよりもいい材質の一品でした。どうも、ありがとうございます(ペコリ)。

    今日は、うちのクラスでアシスタントをしているウスマンさんにもシーミーさんから服が送られていました。

    ウスマンさんに贈られた服。うれしそうです。

  • Eadi (イーディー:お年玉)” への1件のフィードバック

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です