Eid Card(イード祝いカード)

イスラーム暦第9の月”ラマザーン(ラマダーン)”が終わるといよいよ「イード(Eid)」というお祭りが始まります。
イードは、ラマザーン明けの「チョーティーイード(小イード)」とハッジ(巡礼)明けの「バリーイード」(大イード)」の2回あります。

さてさて、ラマザーン(イスラーム暦の9月)も序盤をすぎると、街のあちこちで来るイードを祝うためのカード「イードカード」を売り出す屋台があちらこちらに現れます。
断食(ウルドゥ語で”ローザ”)が始まるときも
「ローザ ムバーラク!(断食 おめでとう!)」
と祝うのですが(ちょっと日本人にはわかりづらい感覚ですがねぇ)。
イードが始まるときももちろんお祝いします。
それが「イードカード(Eid Card)」というわけです。


イードカードを売る臨時の屋台

↑こうした急造のテントを設置してイードカードをたっくさん陳列しています。

ずらりとならんだイードカード

↑もういろいろなデザインのカードが並んでいます。
イスラマバードですと、場所によりますが1枚10ルピー~100ルピーの価格幅でいろいろなグレードのカードが売られています。

ベーシックな花柄のカード

↑こうしたベーシックな花柄のカードは多く売られています。

イスラームな雰囲気のカード

↑イスラームな雰囲気のカード。カードには「Eid Mubarak(イード ムバーラク=イードおめでとう)」と書かれていますね。

かわいい人形の写真をあしらったカード

↑こうした女性をターゲットにしたかわいいデザインのカードはとてもたくさん売られています。
パキスタンはイスラームの国ですが、旧英国領でもあり、英語が結構話されて欧風文化もある程度根付いていますから、こうしたカードが売られているのはごく普通の雰囲気なんですよ。

で、なかなか傑作だなぁと思うのが・・・・これ

ミッキーマウスのイードカード

ビミョーにヘンな「ミッキーマウス」のイードカード。
子どもを意識したカードなんでしょうね。
でも、これ絶対ディズニー社の承認はとってないよなぁ。
ミッキーの顔、なんか違うし(笑)。

・・・で、イード1週間前になってから、イードカードを何枚かいただきました。(パチパチパチ)

生徒からもらったイードカード

↑うちのクラスの生徒からもらったイードカードです。
あ、男子の生徒からですよ(笑)。なかなか刺激的(笑)なデザインですが。

生徒からもらったイードカード

↑こちらもうちのクラスの生徒から。・・こちらも男子生徒です。

ラホールのNGO「マイルストーン」からのイードカード

↑ラホールの障害者NGO「マイルストーン」のみなさんからのイードカード。
イードの週に私はラホールで彼らと会う予定です。

ラマザーン(断食月)の20日目までに出せば、パキスタン国内「イード」郵便は4ルピー(8円)で配達されます。マイルストーン(ラホール)からのカードは郵送で私の仕事先に届きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です