帰ってきたファラハットさん(Pakistan Special編集長)

日ごろからよくお付き合いさせていただいている方に、障害者支援雑誌「パキスタンスペシャル」の編集長のファラファット(Farhat)さんがいます。
彼とは、ギルギット・フンザでのワークショップなどの参加でご一緒させていただいていたり、各種取材に同行したりお手伝いさせてもらっています。
9月中旬から約1ヶ月間、アテネで行われていたパラリンピック大会の取材&ヨーロッパ旅行のために出かけていたのですが、先日イスラマバードに帰ってこられました。
そのときの様子などを聞きに、彼のオフィスにお邪魔しました。


事務所でいろいろと写真を見せていただきました。

開会式で記者席に陣取って。

今回参加したパキスタンのメディアは、彼のほかにはペシャーワルの日刊紙の記者が1人だったそうです。PTV(国営テレビ)やGEOTV(ジオテレビ:有力民間局)は派遣しなかった?

シッティングバレーボール(肢体不自由者の方のための競技)

シッティングバレーボールというんだそうです。
下肢に障害のある方のために考えられた競技なんでしょうね。
私は写真を見させてもらってはじめてこういう競技があることを知りました。

で、彼にとっては人生初めての海外旅行だということと、これから後また外国にいけるかどうかわからないとのことで、現地の友だちを頼り(ベニス)イタリアと(パリ)フランスに行ってきたそうです。

ベニスにて。

ベニスの周遊船からのスナップ。ここには4~5日滞在したとのこと。

パリ・エッフェル塔にて。

パリにも数日滞在。いつもより恰幅がよくなっている(笑)ファラファットさん。きっといい食事ができたんでしょうねぇ・・・・・
と思っていたら、どの国も豚肉を食べる国だから、ハラール(HALAL:イスラーム教徒用の食材)を探すのに苦労してねぇ・・・と語っていました。
肉系の食事はおっかなかったので、しょっちゅうフィッシュバーガーを食べていたよ・・・と。

ファラファットさんからいただいたアテネ土産。

アテネで買い求められたという焼き物の壁掛けをお土産にいただきました。
どうも、ありがとうございました。(ペコリ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です