くるみと砂ぼこりとクリケットとわたし

今日のWeather Underground(天気予報)のバナーはちょっとかわってましたね。

低地風じん(ちり)って英語直訳かなぁ?

↑「低地風じん(ちり)」って出ていましたが、なるほど今日は朝から風が強かったです。もう、しょっちゅう砂ぼこりが舞って目が痛くなることもありましたし。

イスラマバードの天気予報を見ると・・・あれれ火曜日あたりまで雨やあらしの予報になっているぞ。
ここ1ヶ月はまとまった雨もなかったですから、作物が育つためにはきっと恵みの雨となるでしょうね。
でも、最近は朝方20度を下回るようになってきたので、雨が降るといっそう肌寒くなっちゃうんだろうなぁ・・・・


今日は全校生徒で、ラーワルピンディのクリケットスタジアムに試合を見に行きました。(無料で)
スリランカVSジンバブエの試合でした。
パキスタンチームの試合ではなかったのですが、それでも会場の警備は厳重で、金属探知機のチェックがあったりあちこちに警官が立って警備をしていました。

ラーワルピンディのクリケットスタジアム。1万人くらいのキャパだと思います。

クリケットのグラウンドは円形でほぼ野球場と同じ広さです。
試合はそのグラウンドの真ん中でやっているのですが、ルールはイマイチよくわかっていなかったので、うつらうつらしかけていました。

すると、スリランカの攻撃になり、いいプレーがスリランカチームから出るようになると、私たちが座っていたところから上のほうでなにやらラッパや太鼓の音が聞こえるようになりました。

ラッパ(フリューゲルホルンでした)が曲を奏で始めると、何人かの子どもたちは座席から立ち上がって踊る踊る踊る(笑)。
ざっと2時間近く観戦していましたが、6~7回は踊ったでしょうかねぇ。
もう、気持ちよさそうに踊っている姿を見ると、クリケットの試合がどっちが勝とうがどうでもよくなってしまってました。

そんなわけで、今日は試合観戦をした後は、スクールバスでそのまま帰途についていきました。
それと、今1ヶ月の期間限定でうちのクラスに来ているフェイサル君とこのおねえさんが、実家のムザッフラバード(カシミール地方)からくるみを持ってきてくださいました。

カシミール産のくるみ。ざっと2キロ近くありました。

わざわざ3時間の道のりを運んできてくださったことに感謝して家に持って帰ってきました。
1コをかなづちでたたいてみて、中の実をちょい試食。
素朴な味わいでした。
半分は大家さんとこにおすそ分けし、あとはくるみを使った美味しいものでも作ろうかと思っています。
シュマイラさん(お姉さんの名前)、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です